2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

DARKER THAN BLACK‐流星の双子‐#8

色々と頭を抱えてしまう内容でした・・・・。7話はとても良かったんですけどね。

「合理的な判断をする人間」、「情に流される契約者」ってはっきり言う過ぎじゃないかなあ。これまで行動によって契約者と人間の境界線を曖昧化していくことが主眼に置かれていたのに、今になってそれを言葉で言ってしまうのはどうも・・・。それでもって、黒の行動に一貫性が無いっていう指摘も出てしまっているし・・・・。
「契約者‐人間」の二項対立が崩れた先に残るのは「じゃあ「人間(臭さ)」って何なのさ?」という問いだと思っているのですが、その対立が成り立たないのを言葉にしてしまった以上は、もう一歩進んだ葛藤が提示されるということなのでしょうか。
あとは「契約者」が自身を「契約者」と自覚するが故に、それに合わせた振る舞いを自己の抑圧を伴って行っている、というのも重要な要素だと思うのですが、これは「契約者」が社会的な存在であることを示しているように見えます。自分の役割って人間同士の関係の中で、何かしらの枠組で「自己規定」することを経て取得するわけで。この「自己規定」と葛藤するところも「人間(臭さ)」てことなのかなあ、とも書いていて思いました。「契約者」っていうのは肉体的・精神的に大きく変化するが故に、自身を「「人間」とは違うもの」として「自己規定」を促す装置として描かれているようにも感じます。

作画の方は堅実な作楽クリエイト回だったのにウーン・・・。列車の部屋にゴキブリが入ってくるあたりのペーチャは良かったです。

残り4話。来週は岡村監督コンテで自社回のようなので期待しています。

「」の多い文章ですいません。
[PR]
by dozeutea | 2009-11-28 03:41 | アニメ