2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

ケロロ軍曹#300とか

今回は区切りの300話。そろそろ7年目って凄い。毎週楽しみにさせてもらってます。
とは言いながら自分は4年目~5年目前半に結構観ていない回があるのでそのうちDVDで補完しようと思っているけれど、さすがに話数が多い。悩む。



今回はびゅうん回で作画監督は松下浩美さん。原画は松下さんとただのかずこさんの二人。(少し前に九州アニメーション回で本田敬一さんが一人原画してたり、川元まり子さんと二人原画のときもあったり)
パート分けがどうなっているのかはわからない。ギャグで動きが1コマになるところが数か所あって、何か久しぶりに見たような気が。佐藤順一さんが監督のころにやっていたかなあ?あんまり覚えてない・・・・。
今回は小野田少尉ネタ。だったけど、オノノ少尉に「総括」とか「自己批判」とか小野田少尉が帰国する時期の少し前、全共闘時代を象徴する言葉を使わせるっていうのがシュール。全然時差ないじゃん、という。
あー、これが最近にわかに言及されるようになった「1968年論」をおちょくったものだとしたら面白いんですけどね。
今回の見所はBパートのオノノ対ギロロのところ。煙の形はあっさりしてて取り立てて特徴があるわけではないんだけど、タイミングが良くて、煙の噴き出す圧力が感じられて良かったです。

ケロロ軍曹の公式サイトに少し先の話数までのスタッフ(脚本・絵コンテ・演出)が出ているので、それによれば来週は脚本が下山健人さんでコンテ佐藤まさふみさん。このコンビの回(262話、270話、279話)はどれも好きな回なので楽しみ。多分ガッツ回だよね。奥澤さん参加しているかな。

パロディにはネタ元の作品への「愛」(respectという意味も含めて)か「毒」、もしくはその両方があって欲しいと思っているのですが、ケロロはサンライズ作品ネタになると「愛」全開で好きです。それ以外は・・・。
『銀魂』のパロディは「愛」と「毒」の両方が入り混じっていてもっと好きだけど。

ローテの他の回でも杉江敏治さんのパワフルアクションや高瀬健一さんの爆発や立体的な空間とか見所があって楽しい。これで定期的に劇場版の面子が参加してくれると言うことなしなんだけどな~。それは贅沢の言い過ぎでしょうか。


今夜の犬夜叉と明日朝のハートキャッチおジャマリsins楽しみだ~。
自作品を飾り付けるためだけのパロディは空虚。デコレーション。
[PR]
by dozeutea | 2010-02-06 23:20 | アニメ