2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

機甲戦記ドラグナー#4

未見だった『機甲戦記ドラグナー』のシリーズ前半を観ました。
気になっていた4話についてちょこちょこと。



一番最初の磯光雄MADに入っていたドラグナーのカットはこの回のものだったんですね。
Bパートはじめの戦闘シーン。
c0201128_17335768.jpg
c0201128_17341994.jpg
c0201128_17343417.jpg
c0201128_17345586.jpg
c0201128_1735826.jpg
c0201128_1746221.jpg
c0201128_17352470.jpg
c0201128_17354051.jpg
c0201128_1735584.jpg
c0201128_17361965.jpg
作画監督 服部憲知
原画 山下プロダクション ネオメディア 内藤孝一

このシーン、絵からして滅茶苦茶かっこいいんですよ。キャラもかなりリアル調で影も細かいし、レイアウトも奥行きがあって情報密度の濃い、劇場作品のような画面の迫力です。エフェクトにはいくらか山下調が混じっている感じ。
攻撃が命中した後、一度(無重力の空間なので)勢いで流されてから、爆発するまでにタイムラグがあったり、ブレーキをかける際のGを感じる動きであったり、動きでもリアリズムが追求されているように感じました。戦闘の流れの構成や画面の見せ方(カット内でも流れに奥行きをたくさん取り入れているところが特に好き)など、シーン演出も抜群にかっこよかった。
本当にかっこよくて何度も観返してしまいました。

で、気になるのはこれが磯さんの担当であるか否かというところなのですが、ちょっと検証。
MADを製作した方は原画にネオメディアがクレジットされていることから磯さんだと判断したんでしょうか。

磯さんが参加していたらしい(mixiの磯光雄コミュの情報より)32話にも似たような真っ直ぐくっきりとしたハイライトの入れ方をしているシーンがありました。下は『機甲戦記ドラグナー』32話より。
c0201128_17225446.jpg
c0201128_1723151.jpg
c0201128_17235820.jpg
このシーンの直前の歓談シーンも磯さんぽい。ビーボォーちっく。特に手の描き方なんか見ると、80年代の磯さんの特徴が結構出てますね。
c0201128_17583598.jpg
c0201128_17574337.jpg
c0201128_17555624.jpg
『ドラグナー』はクレジットにスタジオ表記が多くて、磯さんの名前は一度もクレジットされていないので、実際にこの回に磯さんが参加しているのか確かめられません(クレジット自体、完全には信用できないけれど・・・)。ちなみに「スタジオ絵夢」が原画クレジットされているのは32話、36話、39話の3回です。

うーん、4話と似てなくはないと思うのですが、別の方の担当だと考えた方が納得できるかなあ。
大城勉さんとよく似ていると思うんですよね。
ハイライトがボディの端に沿ってくっきり直線的に入っているところや、飛行体制が直立した姿勢になっているところも大城さんの特徴が出ていると思います。下に大城勉さんの仕事と思われるものを挙げてみます。まずは『マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ』12話。
c0201128_1981996.jpg
c0201128_1983222.jpg
c0201128_1984769.jpg
ハイライトの入れ方なんかは似ていると思います。でも、山下将仁さんも似たようなハイライトを入れていることもあった(油っぽいハイライトの方が印象強いんですけどね^^)ので、当時はこういうハイライトはとくに珍しいものではなかったのかもしれません。

次は『飛影』40話のBパート、エルシャンクの突入シーンより。
c0201128_1740149.jpg
c0201128_17401856.jpg
c0201128_17285352.jpg
c0201128_17434226.jpg
この爆発は上のドラグナー4話8枚目の爆発とかなり似ていると思います。この回ではロボットが直立姿勢のまま移動しているカットがあります。
この回を見直していてもっと良い画質で録画しておけばよかったと後悔・・・・。

この4話のシーンはむしろ大城勉さんだと考えた方が自分はしっくりくるなあ。この回に大城さんが参加している理由が見つからないのが苦しいところですが(汗)。大城さんだと細かい破片がもっとたくさん飛びそうな気もしますし。これが磯さんの仕事だとしたら、それはそれで驚きです。39話にもちょっと似たようなバーニアの噴射があるのだけれど・・・・。うーん、自分も結構混同してしまっているところがあるのかなあ。
それにしても、『飛影』の爆発、脳みその皺のような模様はありませんが、ブクブクとした形がのちの磯さんにつながっていきそうな形に見えます。こういうところが磯さんの大城さんからの影響と言われている部分なんでしょうかね。
今後は大城勉さんも追ってみたい。『SDガンダム外伝』は昔見たきりなので、とりあえずそのあたりから見てみればいいのかな。
Gyaoさん、そのうち『マシンロボ クロノスの大逆襲』も配信してくださいね~。

追記
磯光雄爆発MADに入っているドラグナーのカットは32話のものですが、あそこは磯さんではないんじゃないかなあ。某ブログの方がピーターパンのカットの間違えを指摘していたのに便乗させていただくけど、他にも結構間違えがあると思う。

後日追記
『飛影』40話にも磯さんが参加されていて、上の画像のカットも磯さんの担当箇所だったとすれば、ドラグナー4話も磯さんだと言うことに整合性がとれるのかも。40話のEDクレジットには磯さんの名前は無いのですが、mixiの情報をここでも信用するとすれば、可能性はあるのかなあ。

後日追追記
この記事の続き、修正。http://dozeutea9.exblog.jp/14931206/
[PR]
by dozeutea | 2010-04-21 19:09 | アニメ