2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

ははは。

生フィルムは初号機がダッシュしているところでした。
もうちょっとずれれば橋本敬史さんの破片だったのにぃ;;

まだ最初の方しか観てないけど、序盤でシンジたち三人と加持が出会うところは北田勝彦さんだなあ。やっぱり皺がかっこいい。劇場で一回観ただけでは全然気付かなかったことも本当にたくさん。

全部観終わった。ちまちま追記。



アバンのキャラは本田雄さんじゃないかと思うんですが、管制室?の人らの服の皺とか顔に入る影が『スカイ・クロラ』ぽい。そういえば本田雄さんと林祐己さんって動かし方が似ている気がします。
タイトルが出た後の車内でのミサトやシンジのところは、頬に影が直線的にザックリ入っててAIC調。弐号機のサーカスは松田宗一郎さんだろうし、このへんはAIC系の方々が担当してたりするのかな。弐号機着地時の煙にもなんか見覚えが(これで思い出せないのが未熟;;)。
落下使徒のコアを弐号機が攻撃するあたりはアスカが全然似てなくて、でもすごくハリがあって美しくて、劇場で観たときから気になっていたんですが、表情がところどころ『電脳コイル』してる。押山清高さんかなあ。(こう考えると旧劇場版で磯光雄さんのパートのアスカがイサコみたいになってたのを思い出したりしてちょっと面白かった)
アスカが参号機に乗り込む前、アスカがレイのメッセージ聞いているあたりは目が『ヒーローマン』っぽくなってたり、乗り込むあたりは『グレンラガン』顔になってたり(アスカの最後の表情のところ。その前の乗り込んでからの2カットは西尾鉄也さん?)、結構絵柄に特徴が出てて面白い。
参号機が最初に襲いかかってくるあたりがすごくかっこいいんだけど、どなたの担当なんでしょう? それからミサトと加持が飲んでるところもすごい巧かった。やたらミサトのお尻を強調してる。気になる。
ビーストモードのところは西尾鉄也さん。煙も破片も西尾さんぽい。00年頃(『FLCL』『千年女優』)と比べて煙があっさりしてきている印象が(『劇場版NARUTO』の3作目も煙の線が少なめ)。『火の意志を~』でもそうだったけど、フォルムが少しトゲトゲしい。曲線的な絵のイメージが強かったので意外でした。それにしても野性味があって感情ものっている感じがとても伝わってきて凄かった。
施設内に侵入してきた使徒を初号機が出てきて押しだした後のあたりで吉成曜さんぽい煙。その後、初号機の腕が吹っ飛ばされるところも?それにしても短い・・・・。ラスト付近で使徒が液体化するあたりもなのかなあ。そちらはわからない。
それにしても橋本敬史さんはどれだけの量を描いているんだ・・・・凄すぎる。

とにかくバラエティに富んだ映像が続いて本当に楽しい。自分はとくべつ『エヴァ』のファンというわけではないので(・・・・・)、ニヤニヤしながら観ちゃう。


また追記。
アバンのキャラは西尾さんもやってるのかな・・・・。やっぱり自信ない。
00年頃でもメダロット47話の煙はわりとあっさりしていたのを思い出した。いかんですね・・・。

またまた追記(ちょっと修正)。
自分が駅でのやりとりが北田さんだと思った理由についての補足。
加持がエスカレーターを降りていくカットの右端のサラリーマン風の男性のダボダボのズボンがとっても北田さんだと思ったんですけどね(汗)。全体的に曲線基調のアウトラインで服に大きくボリュームを持たせているところもそうだし。その後の頬を赤くしたケンスケの顔の顎の描き方もジーベックの方々がよく描いているデフォルメの仕方(斜め顔のときに顎の先端をちょっとだけ横に尖らせる)だし。他にもエスカレーターをシンジ達が降りてくるカットで手前のほうにいる帽子をかぶった男性の四角い輪郭も『鉄腕バーディーDECODE』のOVAで描いているし。それから前に記事で書いた顎の下を小さく塗りつぶすのもやっている(『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』6話の箱を開ける芝居のところでもそうなっていたと思います)。それから髪の毛も湿ったようなしんなりしている感じも特徴が出ているところじゃないかなあ。というか、自分には思い切り北田さんの絵が画面に出ているように思う・・・。最初に観たときにすぐ北田さんだと思いました。
本当は画像も付けたかったのですが、自分のPCではBDは読み込めないので・・・・。わかりづらくて申し訳ないです。
引きのカットでの手のデフォルメなんかは向田隆さんも似たような描き方していたと思うのではっきりわかりませんが・・・。
記録集ではっきりするかなあ。買えないけど。
ツイッターやってないと不便っていうのも多いですね・・・・。がっくし。


またまたまた追記
DVD/BD発売日以降いろいろなところで一つの作品に関する作画の話がたくさん読めて楽しいです。もっと作画の話を読みたい!と思ってなぜか知識も無いのに自分で書き始めてしまった人間なので、ここ数日はすごく幸せ。一つの作品にたくさん見方、見え方があることもすごくよく実感できる時間。
平田智浩さんの原画でのお仕事ってほんのちょっとしか観たことがないのでどういう感じの作画をされる方なのかが全然わからない・・・・。観たいアニメリストがどんどん増えていきやすぜい。


また・・・追記。
アバンの加持がヘルメットをかぶるカット、ヘルメットを触っている間の手は指(爪)も手の甲の描き方もとっても西尾鉄也さんぽい思うけど、敬礼?のときの手の平が違いすぎる・・・。この前のオールナイトイベントの前に西尾さんのここ十数年のお仕事を一気に観返したのだけれど、ああいう肉っぽい手の平の描き方は見覚えが無い・・・。うーん『BLOOD』がちょっと近いかもしれないけど。
戦闘開始までのマリの体の上下動の滑るような感じ(特に「うぉ、きたあ」のカット)で本田雄さんだと思ったのだけれども、その後、「力押ししかないじゃん!」からは体を上に持ち上げる(背筋を伸ばす)時にガチっと脇をしめていて西尾さんぽいんだなあ(背中が丸くなると脇があくことが多いけど)。最後の「お役目ごくろうさん」のマリの鼻の横の影も西尾さんぽいし。うーん・・・わからない。加持の腕の皺はとっても西尾さんだけれども。おじさん達のズボンの感じは『イノセンス』でのバトーのズボンが似てるかなあ。西尾さんの左右へのゆらゆらが滑るような動きなのはわかる(『猫の恩返し』『.hack/Liminarity』1話とか)けども上下動がひっかかる・・・・。自分にはここが限界;;
Rebuildも観ました。参号機戦でダミープラグ起動のあたりは本当にFLASHで描いてるみたいですね(アニメスタイルの橋本敬史さんのインタビューのときにその話題がありましたね)。驚いた。もう一回見直すと確かに線の感じとか顔に入る影が弐号機が落下使徒の核を攻撃するあたりと似ている。全然気付かなかった^^。
Rebuildで観ると研究所の巨大水槽の前のカットはキャラの手足が向田隆さんぽく見えるけど・・・・。
ミサトと加持が飲み屋でのやりとりのところは3コマで芝居をさせているから、本当に黄瀬和哉さんかも(劇場版『パトレイバー』で3コマが基本になっているのは黄瀬さんの提案とのことだし。20年も前の話だけど)。鼻の横に入る影も黄瀬さんぽいと思うし(旧劇場版の原画集を見ても鼻の横の影をやたら修正していた)。お尻ばかり強調しているのも「尻好き」を公言されている黄瀬さんらしいし。

書いてることがフラフラ揺れててすみません~。へっぽこだな。


また・・・・追記。
また観てみたら飲み屋のところはあんまり黄瀬さんぽくないな・・・・。手・指も体に入る影も違う。そこよりは自販機の前でのシンジと加持のやりとりの後半、加持がシンジの顔に近付くあたりの方が黄瀬さんぽい気がする。短すぎるけど。ゲンドウも描いてたりする?
駅のところも北田さんじゃなくて他の方の担当な気がしてきた・・・・。
[PR]
by dozeutea | 2010-05-25 22:08