2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

ようこそ。

『宇宙ショーへようこそ』を観てきました。
なんか、よかった。ホントに。すごーく「愛」を感じた。言葉にならない・・・。



すごく面白かったです。画面のビジュアルの情報量もかなり多くて、それを全然すくいきれない感じは作中の子供たちと共有できたかもしれない。

実は今回は小田川幹夫さんの作画が目当てでした。後半、あまねちゃんが連れ去られるあたりでいいのかな? 磯さん好きなのに自信無いっていうのはどういうことよ;; この前、PVを見ながら「磯エフェクトやってる方がいるね。」とか話してたんだけどまさにそのシーンのカットだった・・・。磯さんらしい「一瞬、何が起きてるかわからない」という感じもあったし(実際、その現場にいると大きな現象が起きても全部認識しきれるものではないですよね。そういう感じ。)。手や腕もゴツゴツとして独特だった。正直、磯さんというか「磯系」って感じではあったけど・・・。ここのシーンでは本当に「いま、いったい何が起きたんだ?」を共有できたかも・・・・。

湯浅政明さんや宮沢康紀さんも湯浅ワールド、宮沢ワールドを展開していて、もう楽しかった。
超特急が発車するあたりは仁保科行さんかな? 田中宏紀さんはベヘモスが最初に登場してくるところ。そこでのロケットの煙は橋本敬史さん?
そして終盤のアクションシーンの連続はすばらしかった。ポチ対事件の黒幕の戦闘開始のあたりは伊藤秀次さんじゃないかな。煙の表面に出る熱の感じや水蒸気の膜がパアっと出たりとか。
このあたり(って言っても相当長いんだけど)は村木靖さんぽい煙もあった。橋本敬史さんや山下清悟さんもこのあたりやってるかな。松本憲生さん→竹内哲也さんリレーは反則・・・・。
最後のポチとのお別れのシーンは藪野浩二さんでいいのかな。なんか見ていて体がくすぐったくなってきちゃってたまらなかった。このシーン大好き。

あんまり当たってなさそうだけど、いくらか見当ついたのはこれくらい・・・・。冒頭の戦闘って櫻井親良さんだったりするのかな? 全く自信ないけど。

作画以外でもすごく面白かったし、作画とお話のテンションもとっても噛み合っていてすごく魅力的でした。一言で言っちゃえばすごく好みだった。
もう一回観に行きたい。というか一回では全然味わいきれなかったと思う。DVDも買うつもりです^^


後日追記
アニメージュ8月号によれば、超特急の発車シーンは宮沢康紀さんの担当とのこと。間違えてました;; まだまだですね・・・・。ギャンブルシーンも宮沢さんの担当ということで、宮沢さんは印象的なシーンをたくさん担当されていた。すごい・・・・。
[PR]
by dozeutea | 2010-07-01 13:00 | アニメ