2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

ユニクロTシャツ特典NARUTO

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ユニクロの『NARUTO』Tシャツの特典のDVDがものすごく良くて、まるでお年玉のようでした。
EDクレジットがなくスタッフの確認はできませんが、おそらく演出都留稔幸さん作画監督鈴木博文さんのお二人。原画も相当豪華な方々が参加されているように見えました。本編は約6分。アクションシーンだらけ。
c0201128_2272683.jpg
松本憲生さん。久々に感情を画面に込めたアクションシーン。最近はエフェクトや芝居が多かったし、アクションも冷静な空気感に徹したものが続いていたので、今回は気持ちが画面に乗っていて爽快でした。



c0201128_040337.jpg
鈴木博文さんらしい手の描き方。アップだと結構指を曲線もあって厚めに描くけど、ミドルでは指の厚さが薄め。指に入った面で貼り付けたような影。鈴木さんはたまにデザイン的な影を入れたり。『コゼットの肖像』は極端な例かな・・・・新房監督だし。原画も鈴木さんかわからないですが、NARUTOの作監回では結構手にも修正入っていて統一している印象です。
c0201128_0522371.jpg
c0201128_040354.jpg
デフォルメ。下は山下宏幸さんかな。最近はもっぱらシリアスアクション担当なのでデフォルメは久々な感じ(実際そうでもないけど印象の上では)。
c0201128_1324438.jpg
カメラのシャッターが閉まって学校のシーンからナルトが部屋でサスケの人形をいじめているところ、上の画像の夕陽を見つめるシーンと次の木の下でナルトとサスケが昼寝しているところの止めは松竹徳幸さんか。この画像のカットの線のシンプルさがすごくいい。影を大きな面で、かつ立体的に付けてるのもかっこいい。

次のアクションシーンからまた山下宏幸さん。
c0201128_1355393.jpg
c0201128_1361660.jpg
最近の『NARUTO疾風伝』のEDのアクションから、やたら佐藤雅弘さんに似てきているように感じました。皺のアウトラインはそうでもないけど、中に切れ込む皺の線の形やつま先への重心、アクションの組み立て、大きく弧を描く軌道など、(松竹さんにも似ていると感じる部分ではありますが)佐藤さんにかなり近く見えます。『カラフル』に参加していることと関係があるのかな、とか考えましたがそれはわかりませんね。
この手の描き方なんてすごく似てる。上のナルトのブラーも佐藤さんの入れ方によく似ている。弧を描く途中の腕が伸びていくところでフォルムが鋭角的になってシャープな感触。軌道とインパクトの強調。
次の乱闘アクションは松本さんリスペクト。圧巻。
c0201128_1365436.jpg
c0201128_232949.jpg
軌道の残像がいつものおばけやハリセン状の変化だけじゃなくてブラシを長く入れている。このへんも佐藤さんぽいなと。あとは腰のくだけ方とか。襲いかかってくる敵がみんな違う武器で違う方法で飛びかかってきてる(笑)すごすぎる。

背動アクション。樹が手前を横切ってカット変わるのも奥行き感とスピード感があってかっこいい。
c0201128_1371236.jpg
ここはどなたなんでしょう・・・・。この前のガマの戦闘から朝井聖子さんでしょうか・・・わかんないな・・・・。

c0201128_1372836.jpg
特徴的な横顔。ナルトかわいい。山下祐さん?

そしてサビの松本憲生さん。
c0201128_0591115.jpg
c0201128_0512560.jpg
カメラも結構激しく動くのですが、サスケとナルトの距離感というか、間にある空間(関係)がギュッと圧縮されたままそれが連続して離れない、離れてもすぐ引き戻される、磁石があるような画面になっていて、人間関係まで画面の中に封じ込めた凄いシーン。二人ともずっと正面からぶつかっていこうとし続けていてカメラも毎カットどんどん二人の間の空間に向かって寄っていく。
絵や動きへだけじゃなくて、「画面」に感情を込めていく感じが最近の松本さんらしくて凄くよかった。

気になったのはエフェクト。水や火花がところどころデジタルっぽい。
c0201128_033511.jpg
c0201128_0331850.jpg
c0201128_0332971.jpg
c0201128_034491.jpg
c0201128_0341776.jpg
c0201128_0445441.jpg
水は松本さんだけど、火花がFLASHっぽい・・・・。栗田新一さんの火花とちょっと似てる?栗田さんの火花ほど太くはないですが。松本さんがデジタルで作画したのか、エフェクトは別の方なのか、原画から別の方なのか、はたまた第二原画が別の方なのか。あとおばけが・・・・

俯瞰のカットからは沓名健一さんか。
c0201128_0271681.jpg
c0201128_0272531.jpg
c0201128_0273374.jpg
c0201128_0274292.jpg
c0201128_0275222.jpg
c0201128_0275835.jpg
c0201128_0302493.jpg
波紋の模様も面白い。このシーンの合間に挿入される文字のカット、はじけ方が全部違っていて、粒になったりタッチが出ていたり、すごく細かいことをやっている。

c0201128_138245.jpg
c0201128_1383883.jpg
c0201128_1393263.jpg
c0201128_1395164.jpg
c0201128_140833.jpg
ナルト対ペインは甲田正行さん?ギザギザな線。サスケ対イタチ、螺旋丸対千鳥は拙者五郎さん?サスケ対イタチが甲田さんかも・・・・。このあたり一連、線のブレブレ感がすごい。

c0201128_1402332.jpg
ラストのサスケは鈴木博文さんが原画もやってそう。後ろに倒れるところの抜き加減が良い。

386話と同じく最後また画面が真っ赤に・・・・!!これは怖い・・・後味が・・・

新年早々、すごく良いものを観ることができてよかったです。
ただでさえパート予想間違えまくってるのに、原画面子わからない作品の予想を偉そうに・・・・ぐがあああ
今年も(こそ?)良い年であってほしい!!

後日追記
ナルトが木から落ちるとこも松竹さんかも。他にも間違えだらけな気がしてきました・・・・
[PR]
by dozeutea | 2011-01-02 04:13 | アニメ