2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

買った本の話。

今年は全然更新できていない・・・・。
最近買ったアニメの本の話少し。

『STAR DRIVER 輝きのタクト オフィシャルコンプリートガイド』
構成はオーソドックスなキャラクター紹介、各話解説、スタッフインタビューが中心ながら、キャラクター紹介ではデザインについてのコメントを各キャラごとに伊藤嘉之さんが付けており、各話解説でも五十嵐監督と榎戸さんが全話にコメントを、スタッフインタビューでも「メカ作画スタッフ座談会」が原画付きで6P(註で佐野浩敏さんや松尾慎さんの作画についての解説までされていて感動^^)、ととにかくスタッフの細かい話をたくさん読むことができて、想像以上に充実した内容でした。サイバディ解説は『グレートメカニックDX 17』にザメクの筆ペンで描かれたラフデザインなどが載っており、併せて読むと面白かったです。
7月に発売される原画集にも期待したいです。スクウェアエニックスのアニメ関連書籍は作画に関する話が充実しているものが多くてありがたいです(伊藤嘉之さんの絵をたくさん見る機会を与えてくれました)。『花咲くいろは』のムック本も出るようなので、そちらにもちょっとばかし期待を・・・・

『亡念のザムド オフィシャルガイドブック』
全96P、そのうち約3分の2が本編のスチルを中心としたキャラクター紹介や各話解説。
主な見所は、奥村さんや倉島さんの版権4枚見開き、それから美術設定がたくさん載っています。
正直、各話解説(あらすじや「見所(こういうのは自分で見つけていくものだと思うのですが・・・)」)や本編のスチルは本編の映像を見直せばいいわけで、その作品のファンにとっては不要なものなのでは。
設定資料が200枚ほど載せてあるのですが、印刷が小さすぎてよく見えない・・・・。
橋本誠一さんのザムドのアクションやエフェクトの作画参考を見られたのが個人的には嬉しかった。


月刊アニメスタイルは本編スチルは完成画面である必要がないカットは全部原画で載せてくれるくらいしてくださいよぅ・・・。あと、ちょっとオトナアニメっぽい誌面構成になっていたようにも感じました。「オトナアニメスタイル」って感じで・・・・・旧アニスタ1号2号よりも割と間口が広い作りだったけど、月刊も2号から濃くなるらしいので・・・・
[PR]
by dozeutea | 2011-06-22 21:36 | アニメ