2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

超電動ロボ 鉄人28号FX#17

GyaOでシリーズ配信されているのを利用して観ています。毎回のように上手いメカアニメーターの方が参加してかっこいいロボ作画が見られるのがおいしいところです(枚数制限が厳しいのか動きは控えめ)。

絵コンテ:西村純二 演出:高瀬節夫
作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:柳沢哲也 百瀬恵美子 重田智 前田明寿 服部真奈美

Bパートのブラックオックス来襲から28号FXとの交戦の序盤は重田智さんでしょうか。シャープかつ筋肉的なフォルムとBL影などこのころから大張さんの影響が強く見えます。
c0201128_1802570.jpg
c0201128_1803791.jpg
c0201128_1812280.jpg


オックスのパワー解放(パンチのカットはBANK)からオックスの撤退までは前田明寿さんでしょうか。極細長のハイライトや面に大きく影を付けて硬質さのあるボディが特徴的。
c0201128_182258.jpg
c0201128_17595373.jpg
c0201128_17575934.jpg


前田さんのハイライト。
【参考】1・2枚目『機動警察パトレイバー(新OVA)』1話、3・4枚目『同』7話、5枚目『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』。(パトレイバーはメカ作画監督、ナデシコは作画監督)
c0201128_22472224.jpg
c0201128_22563626.jpg
c0201128_22474265.jpg
c0201128_2248450.jpg
c0201128_22481957.jpg
パトレイバーのグリフォンのデザインが『鉄人28号』のブラックオックスに影響を受けている、というのは有名な話だと思いますが、『鉄人28号FX』のブラックオックスはグリフォンからの影響がうかがえるようなデザインになっているのも興味深いところです(FXの車両からの起動シーケンスにもパトレイバーからの影響が見えます)。

前田さんはこの後、年を経るにつれてどんどんハイライトが細くなっていって、線がかすれるように途切れ途切れになってボディに独特の質感を持たせる方という印象です。ボディ表面のラインの美しさや旋回軌道の滑らかさなど、ケレンミとは違った魅力のあるメカでリアルロボット系との相性がすごく良い。現在はキャラのお仕事が中心になってきていますが(最近でも『輪廻のラグランジェ』OP1のウォクスのバレルロールは美しかった)、同じXEBECの松村拓哉さんが似たようなハイライトやメカの描き方で密度の高い作画をたくさん見せてくれていてちょっと注目しています。

『鉄人28号FX』は渡部さんがメカ作監、キャラ作監、原画でほぼ毎回参加していたり、他にも重田敦司さんや前田明寿さんら(パトレイバー新OVAに参加していた方々がそのままスライドしている模様)、タイプの違うメカアニメーターの方がたくさん参加しているのも面白いところです。
次の18話も西澤晋さんの絵コンテ演出一人原画回で出崎さんや金田さんへのリスペクトが随所に発揮されていてかなり個性的な回でした。
[PR]
by dozeutea | 2012-12-19 23:36 | アニメ