2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

超電動ロボ 鉄人28号FX#22,#23

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

22話
絵コンテ・演出:高瀬節夫
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:柳沢哲也 百瀬恵美子 佐々木正勝 重田智 岡本圭一郎 服部真奈美 前田明寿

シリーズ中盤の山場で2話連続で豪華な面子。重田智さんと佐々木さんが見せ場シーンを分け合ってエフェクトバトルを見せてくれます。
Aパートはじめのブラックオックスの模擬戦は重田智さん。重田さんらしいギザギザの模様が入っている煙や爆発、胸部を強調した立ち姿など、これまでの回より持ち味が色濃く出ている感じ。エフェクトの形は今でもあまり変わっていなかったり。
c0201128_14235435.jpg
c0201128_13232056.jpg
両肩の先がやや前方に向いている状態で胸を張る、ロボットの関節独自のケレンミのあるポーズ。

Bパート前半の敵メカ集団との戦闘からゾルリックとの戦闘序盤まで佐々木さん。佐々木さんの爆発・煙。爆発してすぐにカットが切り替わってしまったりT光丸爆発になってしまうカットが多いのがちょっと残念・・・・。
c0201128_1426175.jpg
c0201128_14263581.jpg


ゾルリックのメカが突進してくるところから天井ぶち抜きアッパーはまた重田智さん。17話がパンチの振りおろしだったので今回は逆、エフェクトも盛りだくさんでダイナミックな近距離戦闘は映えます。地面を突き抜けた後に時間差で地面が砕けるなど派手派手。
c0201128_13245498.jpg

終盤のゾルリックがFXの背中を突き刺すあたりは前田さん。今回もカッチリとしたボディ。
c0201128_1432582.jpg
ボディのえぐれた部分にも細かくハイライトをいれて、割れるのではなく金属部位のひしゃげ、歪みを入れているのが特徴的。『ナデシコ』劇場版のブラックサレナの弾痕跡などと同じ。

23話
絵コンテ・演出:亀垣一
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:山下将仁 牟田清司 重田敦 筱雅津 志田直俊 奥山憲史
    平山円 渡部圭祐 長屋侑利子 飯飼一幸 荒木英樹 澄川智深

Aパートはじめから山下さん。80年代末からかなり抑え目の作画が多くなっていて今回も例に漏れず、という感じなのですが、亀垣さん演出ということもあってか画面の色や構図などには特徴が出ている感じ。海上の艦にはたくさんBL影を使っていたり、フレーム内に複数のキャラクターや体のパーツを詰め込んだりしているところなど。
c0201128_14381782.jpg


巨大ロボットが登場してオックスが駆けつけるところから渡部さん。オックス変形DN後に海に着水する際に少し水面を滑ってから足を着いているのがいかにも飛来してきたロボットの登場らしくて良い。
c0201128_1438334.jpg
渡部さんらしく線の密度を保ったまま豪快なアクションをさせています。
c0201128_14384214.jpg

ほかにはジェノサイドバスターでの決着シーンが志田さんなのでしょうか。この回は本橋さんの修正も中盤も苦悶の表情やデビル火刀の濃い顔など気合いが入っていました。

様々なタイプの方が参加してくれて毎回バラエティに富んだ作画を観られているので後半の話数にも期待したいです。
[PR]
by dozeutea | 2013-01-03 15:48 | アニメ