2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

ハイライトおにいさん

先日、『聖☆おにいさん』を観てきました。ハイライトの使い方が面白かったので少し。
c0201128_2233331.jpg
鉛筆の線で塗りつぶすことで影色を使わずに、顔や手の輪郭線に沿って白色を入れていて、かなり肌色を明るく見せるハイライトの使い方。(影付けのように)面で大きくハイライトを付けて立体感や光源の位置を明確に出すような使い方ではなく、明るさや柔らかさ(実線のカッチリ感をやわらげる)のような質感や画面の印象をコントロールするためのものに見えました。部屋に差し込む日差しをキャラクターの腕に入るハイライトで見せているカットもあったり。
鉛筆のタッチを生かしていく方向はキャラクターデザインの浅野さんの色だと思うのですが、ハイライトの使い方は高雄監督のアイデアなのでしょうか。アイマスの高雄さんの担当回でも他話数では見られない(もしあったらごめんなさい)ハイライトが使われていました。(上から2・20・20・24・24・24話)
c0201128_22334655.jpg

髪や頬、肩などキャラクターのアウトラインに沿ったハイライト。腕の輪郭に沿ったハイライトも。(2・20話)
c0201128_22362694.jpg
輪郭線に沿って細く白色かそれに近い色のハイライトが使われています。暗い空間で輪郭線に沿って肌色(それ以外の部分は影色)を使って光が当たっていることを見せているカットは多いのですが、高雄さんの回では光の色=白色系を肌色と組み合わせて、影+肌色のコントラストとは別に肌色+ハイライトのコントラストが使われています。それによって、明るい場所と暗い場所の間の「よわい光が差し込む~うす暗い場所」を絵によっても演出しています。24話のような逆光時に肌色+影色だと顔に大きく影が入ってしまい、表情が見せづらくなるため、明度が高い色の組み合わせを使っているというのもあると思います。影色+肌色よりも肌色+白色系の方がコントラストが弱いので、撮影処理で明るいフィルタを乗せる場合になじみやすくなる効果もあるのでしょうか。エモーショナルなカットでよく使われているので、他のシーンとの相対的な差をつけ、印象的なカットにするために使われているようにも見えます。
使われ方としてはアイマスと聖おにいさんとは異なっているように思いますが、どちらともハイライトを演出的にも活用していて面白かったです。

ハイライトは主に①光源・明るさ②立体感③質感の表現に使われていると思うのですが、実際の映像の中だと影と同じように色々な使い方をされていて面白いです。(特にマッドハウス系の方々はデザイン的だったり透明感を出すのに使ったり多様な使い方をされていますね)

本題と関係ないですが、『空の軌跡』2話でぼやけた光の表現として頬部分に大きな面でとったハイライトを使っていたのが珍しくて印象的でした。
c0201128_22364072.jpg

[PR]
by dozeutea | 2013-05-28 00:05 | アニメ