2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

有頂天家族#2

『有頂天家族』2話の倉川英揚さん演出回、芝居作りのこだわりが光るカットが随所に見えるすばらしい回。その中から1シーン。矢三郎が牛丼を袋から出して紅生姜をかけて割り箸の包みを袋に戻すシーンで紅生姜をほぐしながらかける、牛丼の容器を落とさないように空いている方の手で指を使って上からおさえる。
c0201128_189075.jpg
こういった動作がアニメーションで描かれたこと自体が初めてなのでは。これだけでもすごく新鮮さがあります。その動作をしているように見えるよう(こういう絵・動作を入れれば特定の動作をしたことになる、という「お約束」が使えないので、描かれるべき情報(説明)量も増える)に、という点と、あくまでさりげなく大仰にならないように、という点で、軌道の誇張も枚数を多めに使うこともせずにこういう動作を作っている素晴らしい。とにかく生活感、人間くさい動作を作るのがうまくてテンプレートにとどまらない表現をたくさん見られる、そしてそれがこなれた作画で出てくるのが面白いです。
[PR]
by dozeutea | 2013-09-29 04:37 | アニメ