2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

カテゴリ:アニメ( 190 )

絶園のテンペストOP

『絶園のテンペスト』、OPに佐藤雅弘さんが原画で参加。炎の中から飛び出してくるカットと棒アクションの最初の2カットの計3カットでしょうか。
c0201128_2164246.jpg
c0201128_2165223.jpg
黒煙の方は撮影で線を潰していて、炎部分の線がはっきり残っています。佐藤さんはこれまでの仕事では煙の線は色トレスで残して、今回同様炎を描いていた『鬼神伝』では炎部分を重点的に線をぼかしていたので、今回はそれとは真逆の撮影処理になっていて気になりました。このカットのロケーションは暗所なので炎の光量ももっと多く、炎の線がぼやけていてもいいのでは、とも。原画段階での撮影指示がどうなっていたのかも気になります。

【参考】上、『劇場版NARUTO 大激突!幻の地底遺跡だってばよ』。下、『鬼神伝』。
c0201128_2181429.jpg
c0201128_2175755.jpg


アクション(ジャンプ)中の中間姿勢。中間姿勢の絵を連続で入れるようになって、動きの頂点になりやすい体を伸ばしきった絵の割合が減ってきたのも中村豊さんに近づいているように思います(付けPANに関しては力の志向性との連動感が強いので、中村さんとは方向性に違いがあると思いますが)。コートの男も常に重心(腰)が攻撃するのと逆方向に残って(沈んで)いて力の解放と溜めが同時進行になっているのもまた同様ですね。
c0201128_21374993.jpg

 
[PR]
by dozeutea | 2012-10-07 22:07 | アニメ
いくつか録画や昔買ったものが発掘できたので前回の記事に追加です。
『スーパーロボット大戦OG THE ANIMATION』OP。
c0201128_16325545.jpg

『スーパーロボット大戦OG THE ANIMATION』2話。
c0201128_1633119.jpg
c0201128_16332460.jpg
田中良さんらの作監修正でも金田系エフェクトが多く使われていてなかなか推測しづらいところではありますが・・・(新ゲッターロボ13話も田中良さんや鈴木藤雄さんも似たようなエフェクトを描いているみたいでわかりませんでした・・・)

『テガミバチ』13話。
c0201128_18542767.jpg
c0201128_18543779.jpg


『メタルファイト ベイブレード ZEROG』16話。
c0201128_16353072.jpg
c0201128_16354224.jpg

『メタルファイト ベイブレード ZEROG』22話。
c0201128_16361341.jpg
c0201128_16362745.jpg

ベイブレード一期と二期はチェックできていないのでご勘弁を・・・
やはりアクタスでのお仕事は(今回取り上げられませんでしたが『マジンカイザーSKL』などでも)コミカルなカットや派手なかっこいいアクションなどある程度自由にできるシーンを任されているようで、目立つお仕事が多い印象です。原画デビューから30年以上経ってもアクション作画で活躍されているというのは本当に凄い・・・。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-05 19:53 | アニメ
先日リクエストをいただいた最近の山下将仁さんのお仕事いくつか。特徴的なカットを選んだつもりですが、間違っていたらすみません・・・。
『真マジンガー 衝撃!Z編』18話。この回はメカ作監も兼任されているので修正かもしれません。
c0201128_2324544.jpg
c0201128_2325657.jpg

『真マジンガー 衝撃!Z編』24話。
c0201128_2342220.jpg

『SKET DANCE』22話。
c0201128_1224448.jpg
c0201128_1225980.jpg

『SKET DANCE』53話。
c0201128_123283.jpg
c0201128_1234075.jpg

スケットダンスでのお仕事は4話もはっちゃけた絵が入っていたりしてなかなか個性が出ていたと思います。
『銀魂』235話。各所で話題になっていたメカ回。
c0201128_1242410.jpg
c0201128_124388.jpg

『トワノクオン』第4章。
c0201128_1265369.jpg
c0201128_127576.jpg


近年でもアクタス回では阿部宗孝さんや大平直樹さん、伊藤岳史さんと一緒に派手な作画を見せてくれるのでありがたいですね。スパロボOGのOVAなどでも派手なカットを担当されていると思います。IG関連はちょっと見当が付きづらく、フリージングは画面が眩しすぎるのもあってわかりませんでした。
もう少し取り上げられると思っていたのですが、録画の整理を怠ってテガミバチ等どこに入れてあるかわからないものがいくつか・・・いろいろと足りないものがあると思いますが今回はこのくらいで・・・

追記
続きの記事を作りました。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-05 01:53 | アニメ

しゅごキャラ!!どきっ#85

c0201128_17171145.jpg
c0201128_1717228.jpg
c0201128_17173028.jpg

視聴環境を変えたので再生テスト。崔ふみひでさんの原画? 手が良い良い。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-04 17:26 | アニメ
『おんたま!』(全5話)各話スタッフリスト。

オープニングアニメーション
絵コンテ・演出 追崎史敏
作画監督 小池智史
原画 鈴木俊二 中山初絵 小谷杏子 綿見楽 竹知仁美
第一原画 須永正博 原田大基 追崎史敏
第二原画 ムクオスタジオ

第1話
脚本 雨宮ひとみ
絵コンテ・演出 追崎史敏
作画監督 小池智史
原画 安西俊之   糸島雅彦   
    花田美穂   高橋美由
    稲田俊子   三浦弘二
    三浦日出男 森田修輔

第2話
脚本 雨宮ひとみ
絵コンテ・演出  追崎史敏
作画監督 小池智史
原画 須永正博   阿部ルミ
    小美戸幸代 中原竜太
    三浦弘二   西村広
    森田修輔   石田啓一
    竹知仁美
第二原画 花田美穂 安西俊之
       吉元美妃
       ライジングフォース    
       須崎かおる 池田竜也
       中村プロダクション

第3話
脚本 雨宮ひとみ
絵コンテ 追崎史敏
演出 古田丈司
総作画監督 小池智史
作画監督 柳孝相
作監補佐 須永正博
原画 岩下裕也 青木昭仁
    高橋美由 中山和子
    渋谷秀   三浦日出男
    森田修輔 塚本歩
第二原画 ライジングフォース
       須崎かおる 池田竜也
       中村プロダクション
       ヘバラキ

第4話
脚本 雨宮ひとみ
絵コンテ 川口敬一郎
演出 齋藤徳明
総作画監督 小池智史
作画監督 苫政三 須永正博
原画 花田美穂 安西俊之
    阿部ルミ  原田美保
    北原章雄 鍵山亜子
    加藤愛仁 三浦弘二
    西村広   森田修輔
    塚本歩
第二原画 岩下裕也 須崎かおる
       池田竜也

第5話
脚本 雨宮ひとみ
絵コンテ・演出 追崎史敏
作画監督 小池智史
原画作監補 須永正博
原画 浅賀和行   安西俊之  高橋美由
    渋谷秀    稲田俊子  中原竜太
    小美戸幸代 滝吾郎
    小池智史
第一原画 原田大基  佐藤綾
       石井ゆみこ
       追崎史敏 
第二原画 岩下裕也 花田美穂
       阿部ルミ  須永正博
       ライジングフォース
       須崎かおる 池田竜也
       中村プロダクション
[PR]
by dozeutea | 2012-09-28 18:45 | アニメ

おおかみこどもの雨と雪

『おおかみこどもの雨と雪』観ました(7月に)。

More
[PR]
by dozeutea | 2012-09-06 17:40 | アニメ

黒子のバスケOP2

『黒子のバスケ』OP2、黄瀬和哉さんのコンテ演出一人原画、良かったです。
ことごとく難しいカメラ位置を選択するストイックさ、そして手の影の美しさ。
OP前半の黒子と火神が二人でロードワークをしているカットで、黒子は常に火神の影の中に脚を着いていて常に火神の影で在り続け、一つの影の柱になる。影という要素をアニメートの中で演出的に生かす、黄瀬さんらしさが出ているカットになっていると思います。OPのはじめでも二人をオーバーラップさせて見せているので、その形を替えての反復はサラッと混ぜておく程度なのがニクい。
動きとしては監督がしゃがむカット、影移動を見せたい身体のパーツ(脚)とそれ以外のパーツ(腕など)で明らかに影の付け方が違っていて、画面になったときの見る側への伝達率に対してまで意識的で計算されているのが見えます。
あとは各キャラがことごとくボールを画面上にフレームアウトさせていますが、例外として監督はボールを下に落とし(監督=「転がす」役だから?笑)、そして黒子だけがボールを横に移動させる、というキャラの役割の違いを見せています。キャラとゴールが同じフレーム内に描かれることはなく(例外として黒子の1カットのみBGに映っている)、画面上部には月や太陽が描かれていて、ゴール=目指す先がはるか高い場所にあるという意味を込めているようにも見えます(最初の黄瀬緑間青峰のカットでカットの最後に天井の照明を映しこませているのも重なりますね)。唯一BGに描かれている黒子のカットもゴールに対して背中を向け続けており、フレーム外のゴールをまっすぐ見据える他のキャラとの立場の違い、そしてゴールの意味合い(目指す先)の違いまで含ませているようにも見えました。黒子が登場しているカットに横PANや横方向へのスライドが多く使われているのも、彼の指向が上では無く横であるという差異化をはかっているように見えます。

最近TVでも劇場でも黄瀬さんの仕事をたくさん見ることができて嬉しい限りです。
[PR]
by dozeutea | 2012-07-27 18:57 | アニメ

いっかく!5本目

ガンダムUC5話の新しいPVが公開されました。
http://www.gundam-unicorn.net/sp/index.html
絵コンテが村瀬さんと古橋さんということですが、広角気味のレイアウトの多さは村瀬さんの色でしょうか。
鼻筋や顎のラインのシャープさを強調して見せるような角度が多く見られますね。
ブライトがバナージの腕をつかむカットで、腕を上から力づくで掴み上げるのではなく、抜き手を関節部に差し込むようにして絡ませるのが良い。腕を握る、という動作もなく、これだけでもこのシーンがブライトの「力による制止」でないことが伝わってきます。このカットと次の振りかえってブライトの顔を見上げる主観カットの2カットだけでバナージとブライトの差、違いをたくさん表現してしまっているように見えてドキドキします。
最初の煙と破片は桝田さんにも見えますがこれでは線が見えないのでちょっとわからない。バンシィの金色の部分に珍しくハイライトが使われているのも目を引きます。
2話以降画面の密度が上がったまま全然下がってこないのがほんとにすごい・・・・
今回もなるべく劇場で観てみたいと思います。

『DARKER THAN BLACK』7話より。
c0201128_16134493.jpg
高橋久美子さんの作画監督回。この顎の骨と顎下の肉皮をしっかり見せる顎の描き方がUCでも出ているな、ということで思い出したように。
[PR]
by dozeutea | 2012-04-23 19:56 | アニメ

アニメミライ

先日、「アニメミライ」を観てきました。
昨年の「Project A」に続き、充実した内容で楽しかったです。
上映された4本のうち、特に『わすれなぐも』の出来がすばらしかったです。

上映順に感想をちょっと。

More
[PR]
by dozeutea | 2012-04-02 02:26 | アニメ

劇ドラ2012

『ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜』を観てきました。
昨年の新鉄人兵団の作画の充実ぷりと比べると流石に辛い出来でしたが・・・・
作画の見所は桝田浩史さんのエフェクト。煙、破片も9割くらい桝田さんの原画・修正なのではないかというくらい。ギャグの荒い鼻息まで桝田さんが描いていると思われる煙もあって、シルエットで巻き込ませていくようなカットもあったり(笑)
村が襲われる一連で、上空から大きな煙がゆっくり巻き込んでいくカットはスケール感もあり、長めに見せてくれて、桝田さんの巻き込みを堪能できる珍しい機会でした。ゆっくりたっぷりとした巻き込みは柿田さんの爆発とも似た感じ。それから後半の対敵メカ戦で破片に太いBLで入れたような模様が入っていたカットがあったのが印象的でした。
敵メカの最期の落下~爆発は伊藤秀次さん。落下直前に手足をバタバタ、くねるような伊藤さんらしい動き。爆発時の十字をたくさん重ねた閃光エフェクトは新鉄人と同じくインパクト抜群。爆発は『鬼神伝』や『トワノクオン』6章と似たような感じ。
それから、後半スネオらが連れ去れてのび太が「どうしようどうしよう」とあわててしずかちゃんに説教されるシーンは松本憲生さんでしょうか?EDクレジットに名前はありませんでしたが、力の抜ける描写やキャラの平らな横顔、顔を突き出すときの小さく首が横に振れるノイジーな動き等、特徴が出ていたと思います。ここはキャラのポーズが人間くさくて良かった。デフォルメの強いデザインのキャラが重心ずらしていたり力の抜けた立ち方しているとすごく良い。
あとは前半ののび太の部屋の大塚正実さんのシーンや、中盤の石に絵を描くシーン、決着後の復興作業シーンでの博士との会話のあたりも良かったです。物量としては新ドラの最初の3本や新鉄人と比べるとだいぶ少なくて、派手なシーンは後半の村の襲撃と対敵メカ戦くらいでしょうか。
あとは手の形が全編にわたって包み込むようなおおらかな形で好みでした。手の甲側から見せるときは指と甲が大きく〇いシルエットになっているのも良かった。手のポーズがあまり多くなくて手のひらが少し見えるようなポーズが少なかったのはちょっと残念。

作品としては、突然観客を泣かせにきたり、中盤や終盤で唐突にハーモニーが使われたり、しずかちゃんがやけに冷酷だったりとかツッコミどころもたくさんありますよ、という感じで(苦笑)
今週は新鉄人が地上波初放送らしいのでそちらもまた見返してみようと思います。
[PR]
by dozeutea | 2012-03-12 00:40 | アニメ