2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BDのオーディオコメンタリーより。
担当パート
・Aパーツ、対戦前、ケンタがコウジ=マツモトのガンダムを覗きこんでるあたり・・・・安彦英二
・Bパーツ、ハルが塗装をしたりする細かい作業、Cパーツ、終盤に大会会場でモニターを眺めるパイロットスーツを着た親子・・・・田頭真理恵

ビギニングガンダム、ザク・レロなどのメカデザインは重田敦司さん。
ビギニング30のイフスユニットのエフェクトは重田さんの設定ではVと∀の中間。Cパーツ終盤の背景動画の戦闘シーンは重田さんの要望で松尾監督が重い内容にコンテを描き直す。
Cパーツに登場するMSは原画マンからの要望も入れられている。
Bパーツで母艦がアーガマなのは松尾監督が『劇場版Z』でよく知っていて描きやすかったから。その反省でCパーツでは多くの種類の戦艦を出した。
[PR]
by dozeutea | 2010-12-23 21:00 | アニメ

うへ・・・・

「今日の『ソウルイーターリピートショー』は13話の佐藤雅弘さんの参加回!」と書こうと思ったら今日の放送は17話まで飛ぶみたい・・・・・。13話だけじゃなくて15話16話もすごく良い回だったのでもったいないというか、残念。

『カラフル』のBDとDVDが来年4月20日発売で、仕様を見るとオーディオコメンタリーも付くみたいですね。まだ公式サイトには出てないので確実なところはわからないですけど。
コメンタリーで作画などの話をしてくれればいいですが、やっぱり玉電の話とかかな・・・・。インタビューなどでしている話以外のことが聞けたらいいのですが。
[PR]
by dozeutea | 2010-12-23 05:15

百合星人ナオコサン

『百合星人ナオコサン』第3巻付属のOAD。壮観なEDクレジット。原画も竹内哲也さん一人。
c0201128_4113551.jpg

c0201128_3493953.jpg
c0201128_3495611.jpg
c0201128_3502347.jpg
細かい挙動までかなり気を使って動かしていて、それでいて竹内さんらしい大胆な挙動もある。絵を置くポイントは松本憲生さんに近い感じなんだけど、体のパーツの動く軌道がやや直線気味にスライドしていくような動きも混ざっていて、『御先祖様万々歳!』『ピーターパンの冒険』の頃の磯光雄さんぽさもちょっと感じました。本編の6分という長さが絶妙で、もう一回もう一回と繰り返し観ていくと、妙なノリに作画が相まってものすごく中毒性があってハマってしまう。
序盤の下校時の歩きで、体を左右にゆらゆらさせるときに、頭が動く軌道が八の字「∞」になってるのが印象的でした。西尾鉄也さんなどは頭が動く軌道は割とアーチ状になりますが、ここの歩きは体が振れるときに結構持ちあがって、振れの真ん中近くでは体が一度下に沈み込んでるようにも見えました。
あと、竹内さんのキャラかわいい。ちょっと手が長めな気が。
あんまり画像と文章が関係しなかったかも・・・・
[PR]
by dozeutea | 2010-12-21 04:12 | アニメ

アニメじゃん!

「天才てれびくんMAX」内で放送された入江泰浩監督の『アニメじゃん!』を観ました。
メディアのメタ表現のオン・パレードで作品としてもすごく面白かったし、何より野崎あつこさんのキャラクターデザインがすばらしかった。デフォルメの様々なバリエーションや多彩な処理。
c0201128_3111126.jpg


c0201128_3113232.jpg
ヒゲぴよ。
c0201128_3114830.jpg
スカートのヒラヒラ。シンプルなんだけど、長さを変えることでちゃんと折れ目がはっきりしている。
c0201128_312345.jpg
下唇に下まつげ。下唇大好き。
c0201128_312199.jpg
TV内TVが実写はめ込み。モニターの向こう側がモニターの外側に対して反応していたり。
c0201128_3123226.jpg
BL影。
c0201128_3124766.jpg
このカットの手の描き方が良かった。

『東京M8.0』のキャラクターデザインもすばらしかったけど、今回もすごく良かった。髪の処理や影のデザインもすごく今風で洗練されてる。
面白かったからまたこういう作品を放送してくれないだろか。
[PR]
by dozeutea | 2010-12-18 03:34 | アニメ

機動戦士ガンダムUC#1

何か思い出したように『ガンダムUC』の話題を。後半のガンタンク対クシャトリヤ戦。高瀬健一さんの担当と思われるところ。
c0201128_1342476.jpg
c0201128_133553.jpg
c0201128_1331545.jpg
c0201128_1332664.jpg
ガンタンクが画面右から出来てきてミサイル発射~パイロットが閃光弾を発射するところまで?かなり重いシーンを担当されているのに、会社括りでクレジットされているのでEDで名前が載っているのは結構下のほう。高瀬さんは重厚感あるメカ戦も、ケレンにあふれたハイスピードなメカ戦もいけて、エフェクトもかっこいい。煙の模様や煙が拡散するときのチリチリっとなるときの尖った形が西井正典さんの煙と結構似ているように見える。『SEED』や『00』では、別々の回ですが高瀬さんも西井さんもメカ作監や原画で参加されていて、似てるなーと思いました。
『禁書Ⅱ』でも高瀬さんはアクションとエフェクトだけど、やっぱりメカと爆発を描いてほしい・・・・。5話ではちゃっかりパンチラさせてて笑ったけど。

『ガンダムUC』、メカもかなり修正入ってそうで、重田智さんや阿部宗孝さんら、メカ作画でもかなり個性を出す方々もどこを担当されているのか見当がつきません・・・・。第2話は『逆襲のシャア』や『プラネテス』を思い出すようなところが色々あって面白かった。
[PR]
by dozeutea | 2010-12-17 17:49 | アニメ

花咲くいろはPV

『花咲くいろは』のPV第4弾が公開。
http://www.youtube.com/watch?v=49YKWxUmCcc
どういう話なのかこれだけでは全然わからないですが・・・・。
これを見る限り、作画は相変わらずすごく丁寧そう。動画もかなり整ってる感じ。特に後半は線もすごく綺麗。
1:36の眼鏡を外す挙動の流れるような軌道がすごく上手い。芝居としては結構わざとらしいけど、ふわっと綺麗な流れがそれを感じさせない。なんとなくIGの劇場版テイルズを思い出すような感触。
1:44で汁が・・・・。はたかれた方の顎のラインや口が尖ってるとこまでしっかり描かれていて結構頭部にダメージが届いていそうに見える・・・・
[PR]
by dozeutea | 2010-12-12 13:46 | アニメ
来年春から放送する『花咲くいろは』を楽しみにしています。
スタッフの名前を見ているだけで期待してしまいます。佐藤雅弘さんが参加していそうだし。
今週金曜日にPVが公開されるとのことで(これまでのPVは本編映像は無かったので)、作品の雰囲気や出来がちょっとわかるかなーと楽しみ。
公式ブログで本編のスチルが載せられていたので見てみたのですが、服装にボリュームあって、皺がゴージャス(笑)。公式サイトの方にも各キャラクターの設定画が載せられていますが、『CANAAN』の服が肌にぴっちり張り付いて、皺は細かくクシャッとなっているやや硬質な感じとは大きく違っていて、『true tears』の折れ目が割とはっきりした感じに少し戻っているように見えます。
輪島巴という仲居さんの設定の皺や影がちょっと黄瀬和哉さんっぽいのが気になる。あと男の子の学生服の皺で腕や裾に凹っと四角くへこみが出来ているのなんか割りと今風の皺の描き方だなと思ったり。
公式ブログの切り出し2の輪島さんの手の描き方もM.S.Cっぽくて気になる。四十万さんのカットは皺が石井百合子さんぽいんだけど・・・・さすがにスチル一枚ではわからないか(汗。石井さんはメインアニメーターとしても参加されるようなので楽しみです。
石井さんはM.S.C系アニメーターさんの中では珍しく絵がカチッとしている(あくまで佐藤さんや鍋田さんと比べた場合ですが)。二の腕に出来る皺やアクションの発想・軌道なんかは佐藤雅弘さんとよく似ていると思います。どんどんアクションが派手になってきていますが、さすがにこの作品ではアクションはないか・・・な?
この作品は制作がだいぶ先行してそうだし、佐藤さんが参加しているとしても後半だと思うのですが、かなり力が入った作品だと思うので楽しみに待ちたいと思います。作品の発表が早かっただけに待たされる時間も長い。

最近の『スティッチ』のM.S.C回もかなり良かったので、そちらもそのうちまとめられれば・・・・

あと、佐藤雅弘さんが00年代前半は『メダロット』っぽい絵柄になっていて、ちょっと松竹徳幸さんな感じになっていた、と前に書いたと思うのですが、『L/R』(03年)の設定資料を見たら線の感じからして実際の画面以上に『メダロット』になっていました(メダロットのDVD付属の設定と比べてもよく似ていました)。設定ラフになるとより頭身が低くなってもっとメダロットだったり。シンプルな線ですごくかっこよかった。

そのあたりはまた改めて・・・・
[PR]
by dozeutea | 2010-12-08 18:24 | アニメ