2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『ちはやふる』をとても楽しんで観てます。
キャラクターデザインの濱田邦彦さんが高橋久美子さんのキャラデ作品の常連ということもあって、高橋さんの過去のキャラデ作品のテイストもたっぷり入った華のある、かつ立体的なデザイン。
そしてマッドハウスらしい輪郭線に沿ったハイライト。撮影の明るさと思いのほかマッチしていて上品な明るさになっている。撮影のグラデーションがはっきりしていてもキャラとのマッチングの違和感をかなり緩和できているように思います。影についても高橋久美子さんと同様に直線的で大きくはっきりした影付けがメインなので、光源に合わせやすい。
デザインの立体感の強さも、試合での二者間や札との距離感やその「場・空間」をはっきり示すこととも相性が良い感じ。腕をはっきりと筒状にして、手もちょっと四角いのが手・腕の存在感も強めている。ちょっと指が短くて厚みのある感じの手は高橋さん濱田さん、あと男性を描くときの鈴木典光さんがわりと似たような絵になっているのが興味深いところ。これも90年代からずっと同じ作品に関わってきたことの影響でしょうか。
1話の濱田さんの作監回では『サマーウォーズ』を彷彿とさせるような飛びはね方などもあって濱田さんの修正が行き渡ってすばらしい出来でした。2話以降総作監でクレジットされるようになりましたが、各話作監もやってほしいところ・・・・
[PR]
by dozeutea | 2011-11-29 22:37 | アニメ

ガンダムUC2話

4話を劇場で観に行く前に2話を改めて観直していたら、エフェクトはほとんど中田栄治さんとSNIPESさんが描いているように見える・・・・。特に中田さんの修正量が多い。爆発だけではなくてカタパルト射出時の電撃も中田さんの修正でしょうか。SNIPESさんはレウルーラの部隊がネェル・アーガマを強襲する一連で多く描かれている感じ。特にレウルーラのミサイル攻撃はSNIPESさんの特徴が色濃く。ミサイルのカットで空間を広く見せる背景の引き方が特に。SNIPESさんの平面的なエフェクトや空間の出し方が松田宗一郎さんと近い印象なのですが、エフェクトに関しては実際の現象の観察に基づいた表現、ということでアプローチが似ているために画面も近いものになっているのでしょうか。
アバンの奥行きを存分に出した戦闘はいかにも村田和也さんらしい感じ。対比物として画面奥の月を有効に使って空間や方角を見せていて『プラネテス』的。富野監督は特に必要があるカットを除いて戦闘で奥行きを使うような移動が少ないので、かなり新鮮な宙間戦闘の表現に映りました。
アバンは最初が中田さん、ビームサーベルで斬り結ぶあたりは玄馬さんの色が強く出ている感じ。エフェクトはほとんど中田さんの修正が入っているように見えます。サーベルのエッジの効いた太めの電撃は玄馬さんでしょうか。斬られたファンネルが破裂した後の丸爆発はSNIPESさんの修正?
UC3話の BDのブックレットによれば玄馬さんはスケールや重量感の表現のためにMSをゆったり動かしているそうですが、2話の中田さんは綺麗にくるっと回したり流れるような円軌道を描いたり、軽やかに動かしていて1話の玄馬さんのゆったり感とはだいぶ違う感じ。一方で3話ははっきりツメのある動かし方が多い印象が。
村田さんと中田さんの組み合わせはどれもかなり良い回ばかりですがエウレカセブン48話とならんでUC2話はかなり好きです。

後日追記。
コメントをいただきました。アバンは監督がコンテを担当なさったとのことです。
色々訂正もいただきました。修行不足ですみません・・・・
[PR]
by dozeutea | 2011-11-20 19:44

ガンダムUC4話

待望だった『機動戦士ガンダムUC』4話を観てきました。
色々な要素が詰め込まれていて60分弱の作品ながら映画一本分以上の満腹感がありました。

More
[PR]
by dozeutea | 2011-11-20 19:35 | アニメ