2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

劇ドラ2012

『ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜』を観てきました。
昨年の新鉄人兵団の作画の充実ぷりと比べると流石に辛い出来でしたが・・・・
作画の見所は桝田浩史さんのエフェクト。煙、破片も9割くらい桝田さんの原画・修正なのではないかというくらい。ギャグの荒い鼻息まで桝田さんが描いていると思われる煙もあって、シルエットで巻き込ませていくようなカットもあったり(笑)
村が襲われる一連で、上空から大きな煙がゆっくり巻き込んでいくカットはスケール感もあり、長めに見せてくれて、桝田さんの巻き込みを堪能できる珍しい機会でした。ゆっくりたっぷりとした巻き込みは柿田さんの爆発とも似た感じ。それから後半の対敵メカ戦で破片に太いBLで入れたような模様が入っていたカットがあったのが印象的でした。
敵メカの最期の落下~爆発は伊藤秀次さん。落下直前に手足をバタバタ、くねるような伊藤さんらしい動き。爆発時の十字をたくさん重ねた閃光エフェクトは新鉄人と同じくインパクト抜群。爆発は『鬼神伝』や『トワノクオン』6章と似たような感じ。
それから、後半スネオらが連れ去れてのび太が「どうしようどうしよう」とあわててしずかちゃんに説教されるシーンは松本憲生さんでしょうか?EDクレジットに名前はありませんでしたが、力の抜ける描写やキャラの平らな横顔、顔を突き出すときの小さく首が横に振れるノイジーな動き等、特徴が出ていたと思います。ここはキャラのポーズが人間くさくて良かった。デフォルメの強いデザインのキャラが重心ずらしていたり力の抜けた立ち方しているとすごく良い。
あとは前半ののび太の部屋の大塚正実さんのシーンや、中盤の石に絵を描くシーン、決着後の復興作業シーンでの博士との会話のあたりも良かったです。物量としては新ドラの最初の3本や新鉄人と比べるとだいぶ少なくて、派手なシーンは後半の村の襲撃と対敵メカ戦くらいでしょうか。
あとは手の形が全編にわたって包み込むようなおおらかな形で好みでした。手の甲側から見せるときは指と甲が大きく〇いシルエットになっているのも良かった。手のポーズがあまり多くなくて手のひらが少し見えるようなポーズが少なかったのはちょっと残念。

作品としては、突然観客を泣かせにきたり、中盤や終盤で唐突にハーモニーが使われたり、しずかちゃんがやけに冷酷だったりとかツッコミどころもたくさんありますよ、という感じで(苦笑)
今週は新鉄人が地上波初放送らしいのでそちらもまた見返してみようと思います。
[PR]
by dozeutea | 2012-03-12 00:40 | アニメ