2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

タグ:その他 ( 22 ) タグの人気記事

2015年に買った本②

前回の続き。

『『百日紅 -Miss HOKUSAI-』オフィシャルガイドブック』
本編スチルとキャストインタビューが中心のよくあるムック本のつくりながらも、設定・コンテ・原画も多く掲載されており、各セクションのスタッフインタビューも多め。動画検査の方々のインタビューの項にはトレス見本まで載っているのが特色でしょうか。原画は連番になっていなかったりしてあくまで絵を見せるためという感じですがカラーなので着物の模様の鮮やかさが原画からも見えるのが面白いところ。佐藤雅弘さんの写真が出たのはこれが初めてでは?

『ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス』
フルカラー&ページ数の都合で小さくなってしまうのは仕方ないにしても、とにかく詰め込まれて掲載されている設定のボリュームがすごい。ラフ稿、旧デザイン稿、設定稿と設定作業でのデザインの変遷がわかるように作られており、さらにはレイアウト修正によるコントールまで掲載されている。吉田健一さんの絵を堪能できるのはもちろん、吉田さんのコメントでは何がモデルになっているかも多く語られています。富野監督のラフやメモも多く載っていて楽しい。

『ローリング☆ガールズ 設定資料集』
こちらは設定資料をたくさんまとめただけ(褒め言葉)の分厚い設定集。北田さんのポーズ参考と今井さんの作画・エフェクト参考まで載っているところが特においしい。
[PR]
by dozeutea | 2016-01-31 16:59 | アニメ

2015年に買った本①

久しぶりの更新。毎月更新が目標とは何だったのか。
今年買ったアニメ関係の本から印象に残ったものを紹介。
『ブレンパワード スパイラルブック』
99年放送当時に出版されたものの復刊。アニメムックでは少数派にあたる(印象がある)批評・分析的な切り口から書かれており、「私はこの作品をこう見たのだ!」という力強い踏込み。当時エヴァの考察本が多く出るなど、批評的な本を出しやすかったの時代性もあるのかもしれませんね。
キャラクター紹介も企画案解説もキャスト・スタッフインタビューも全て一貫して「富野監督「を」語る・理解する」というスタンスで書かれており、さらに最後には絵コンテを題材に「富野映像鑑賞講座」(6p)まで。富野監督の周りをスパイラルしていく本になっちゃってるのが面白かったです。重田敦司さんのインタビューも貴重。

『錦織敦史アニメーションワークス Telegenic!』
中~小サイズで大量の点数が収録されており、じっくり一枚の線を味わうというよりペラペラペラペラとめくっていって絵に囲まれる楽しさを味わうタイプの画集。版権、設定、原画、ラフだけでなく、コンテ、落書き、さらには文字まで取り上げているのが作画ファンにとって嬉しいところ。

『バケモノの子 ART BOOK』
野崎透さんの編集によるスペシャルな本。『風立ちぬ』のロマンアルバムからアニメーターごとにインタビュー+レイアウト・原画を紹介する形になり、この本ではより多くのアニメーターを取り上げ、約60ページを割いている。レイアウトを多く取り上げることよりも、美術・背景の章、原画の章とはっきりわかれるようになりました。美術スタッフにもアンケートをとり、その意図、効果などに迫っていて、構図よりも被写体・光・色などに比重が寄ってきている印象ですね。CGメイキングも各工程でどのように画面が組み上がっていくのか、同じフレームで順番に紹介しているので、それぞれの工程の役割がわかりやすくて面白いです。おすすめ。
[PR]
by dozeutea | 2015-12-31 23:56 | アニメ

2015年

あけましておめでとうございます。
去年もなかなか更新できませんでしたが、このブログで書きたいこともたくさんありますし、ブログという形式だからこそという記事もあると思うので、これからも効果的に使えたらと思います。

今更ですが、メイキングを扱っている書籍や記事を読まないと知識が更新されず、視点も増えないし自分の見方も対象化しずらいなーと感じたので、ノルマ的に年にいくつかはそういう本や雑誌も手にとっていこうかなと思います。とりあえず年3冊以上を目標に・・・。もちろん作品等に対する興味関心が一番大事だと思いますが、それを受容する器も豊かなものにしていけたら理想的だなと思うので。

昨年は『クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣』(マルコス・マテウ=メストレ著)が面白い本でした。レイアウトの基本的な分類や用法解説を陰影や被写体のシルエットによって行っている本で、分析的に見る視点を増やしてくれると思います。あくまで基本的な用法であって、これに適っていれば良いとかこれと違うから悪いとかどういう構図だからこういう意味のはずだとか、正解や結論が提示されているものではありません。これがどのように達成されるか、変えられていくかの方がずっと大事だと思いますし。
アオリの構図では緊張感が出るとか、当たり前に知っているようなのことも多く書いてありますが、具体的な場面や画面、カットのつながりも踏まえて書かれているので、様々な角度から構図を解説してくれるのが特色だと思います。なんとなくイメージしていることを言葉にしてくれている感じ。
お値段の割にボリュームはあまり無いですが内容は良いです。
良い本があったらまた年末紹介できたらいいなーと思います。
[PR]
by dozeutea | 2015-01-02 04:33

今年買った本

今年買った本(今年出版されたもの)の紹介(?)などをちょいちょいと。改めて書き出すとだいぶお金使ってる・・・
劇場作品が多い年だったので作品ごとに揃えている方はもっと使っているのかと思いますが・・・・

More
[PR]
by dozeutea | 2012-12-27 18:59 | アニメ

アニメージュNEXT

『アニメージュNEXT 2013 WINTER』買いました。
公式でも「緊急増刊号 ROMAN ALBUM」となっていますし、実際の誌面にも「創刊」とか号数の表記や次号の予告もないので、定期刊行などの予定はまだ未定のまま、試験的に出したという感じでしょうか・・・・。

『サイコパス』平田秀一さんの美術設定はCGと手描きのものが掲載。カメラ位置の自由度の高さで画角のコントロールが出来るので設定の9割ほどはCGで作っているとのこと。
「ヤマト2199対談」はメージュ2012年7月号に掲載されたものの再掲(掲載時割愛された一部が増補)。
『ジョジョ』の津田監督のインタビューでは色や文字演出など作品独自の要素が中心(擬音演出のカットがズラーッと並べてあってわかりやすくて良かったです)。OPディレクター水﨑淳平さんによるOPのカットごとの解説。
『K』の設定資料は10ページ。カラー掲載なので色鉛筆の色等もわかります。
『ウラシマン』のなかむらたかしさんのインタビューはキャラデザインの話と参加した回の話題、キャラ設定のラフスケッチ等。
『てーきゅう』は第4話の全39カットのレイアウトと全動画を掲載(計10ページ)。クミ線指定や撮影指示の動画もすべてのっていて板垣監督のインタビューも面白いのでこの雑誌の一番の目玉になっていると思います。

後ろのページになるにつれて作画ファン向けの内容になっていて面白かったですが、ボリューム的にもちょっと割高感は否めないですね・・・・。『アニメージュオリジナル』1~3号あたりの作りでまた定期刊行してくれればうれしいのですが・・・・。『~オリジナル』が続かなった反省からなのか月刊アニメ誌のようなスチル画像中心の記事も少なくなく、どっちつかずになってしまわなければいいと思うのですが、どうなるでしょう・・・・
[PR]
by dozeutea | 2012-12-04 23:31 | アニメ

いっかく!5本目

ガンダムUC5話の新しいPVが公開されました。
http://www.gundam-unicorn.net/sp/index.html
絵コンテが村瀬さんと古橋さんということですが、広角気味のレイアウトの多さは村瀬さんの色でしょうか。
鼻筋や顎のラインのシャープさを強調して見せるような角度が多く見られますね。
ブライトがバナージの腕をつかむカットで、腕を上から力づくで掴み上げるのではなく、抜き手を関節部に差し込むようにして絡ませるのが良い。腕を握る、という動作もなく、これだけでもこのシーンがブライトの「力による制止」でないことが伝わってきます。このカットと次の振りかえってブライトの顔を見上げる主観カットの2カットだけでバナージとブライトの差、違いをたくさん表現してしまっているように見えてドキドキします。
最初の煙と破片は桝田さんにも見えますがこれでは線が見えないのでちょっとわからない。バンシィの金色の部分に珍しくハイライトが使われているのも目を引きます。
2話以降画面の密度が上がったまま全然下がってこないのがほんとにすごい・・・・
今回もなるべく劇場で観てみたいと思います。

『DARKER THAN BLACK』7話より。
c0201128_16134493.jpg
高橋久美子さんの作画監督回。この顎の骨と顎下の肉皮をしっかり見せる顎の描き方がUCでも出ているな、ということで思い出したように。
[PR]
by dozeutea | 2012-04-23 19:56 | アニメ

BLOOD-C

『BLOOD-C OFFICIAL COMPLETE BOOK 胎動』買いました。
「BUILD THE BLOOD-C」の章、約40ページがインタビュー、設定盛りだくさんで読みごたえ充分でした。
水島監督の最終話コンテ(やたらかわいらしい絵で残虐なシーンを描いていて驚く)、梅津さんのOP絵コンテ(一部)、黄瀬さんのキャラ設定、篠田知宏さんの<古きもの>設定(フルカラーで塩谷直義さんや黄瀬さんの設定原案も併せて掲載)、幸田直子さんの小物設定(IG若手の方、これもフルカラーですが非常にカラフルでかわいらしい絵)などビジュアル的にも充実。片桐さんと頂さんのインタビューには9話や最終話の原画やパート紹介も少々。黄瀬さんのキャラ設定のコンセプトに関するコメント含めて、黄瀬さんの名前が度々出てきて黄瀬さんのファンとしては嬉しい内容。
劇場版の予告も公開されて、監督塩谷さん、総作監黄瀬さんで期待は高まるばかり。黄瀬さんの修正めちゃくちゃかっこいい。
[PR]
by dozeutea | 2011-12-05 00:10

うにこん

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=2368&mvc=3_22834_0_0
『ガンダムUC episode4』の冒頭6分の映像が公開されました。

More
[PR]
by dozeutea | 2011-10-17 04:03 | アニメ

アニメージュ11月号

アニメージュ11月号を買いました。面白かった記事について少し。
アニメのことも書かずにお茶濁す感じですが・・・

More
[PR]
by dozeutea | 2011-10-08 22:37 | アニメ

月刊アニメスタイル3号

月刊アニメスタイル3号の『トワノクオン』第1章に関する記事で佐藤雅弘さんの担当パート(冒頭のクオンと一輪車の戦闘)について言及されていましたね。劇場で配布された小冊子にもこのシーンの原画が掲載されていましたが、キャラは佐藤さんだけどやっぱりエフェクトは中村さんの修正になってると思います・・・・。
1章は劇場公開されたものとパッケージソフトの映像が多少違うようで、田中宏紀さんのパートの水しぶきがコマ打ちも変わって中村さんの修正エフェクトになっていたり、やけに枚数の少なかったヘリの爆発が描き直されて撮影処理も強くなっていたり、後半の倉庫でのディレイが無くなっているなどしてるみたいですね。
EDもクレジットも多少違っているようですが、劇場でパンフレットを買っていないので確認が出来ない・・・
[PR]
by dozeutea | 2011-10-02 16:51 | アニメ