2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

タグ:アニメ感想 ( 106 ) タグの人気記事

ダンボール戦機の3DCG

『ダンボール戦機W』のシリーズ後半から新シリーズ『ダンボール戦機ウォーズ』にかけて、3DCGパートで作画を混ぜてダイナミックなシーンを連発してるCGアニメーターさんがいるようで、そのシーンがいずれも面白いことをやっているので少し取り上げてみようと思います。(画像はクリックすると大きくなります)
ダンボール戦機では基本的に3Dパートはエフェクトも全てCGで、おそらくコンテから直に3Dで画面をおこす(原画マンによるレイアウトラフ原を下敷きにしない)作り方なので、モーションやポージングも作画的なものとはだいぶ違っています。今回取り上げるシーンはその中で作画エフェクトや個性的なカメラワーク、撮影処理の変化など、明らかに他と違って見えるので、スタジオ単位ではなく、個人の仕事ではないかと考えられます。
毎回3DCGIのクレジットは「OLM Digital」としか表記されていないので本当に同じ方が担当されてるのかどうか確かめられないのがつらいところ・・・3DCG担当の方の名前がちゃんとクレジットされている作品も少なくないのでいつか明らかにしてくれるといいのですが・・・・。

まず『W』の最終話とOP3からクロス+リング光。他作品のサンジゲンさん等ではもう珍しいものじゃないかもしれませんね。他のシーンではこういう作画的なエフェクトは全く使われていないのでかなり目立っていますが、一度素材を作ればある程度の使い回しがききそうなので、今後は他の方も使うようになったりすることもあるかもしれません。
c0201128_1557093.jpg


ここは明らかに作画(手描き)でエフェクトを描いています。基本的に2コマですが光る直前に1コマになっている箇所があったり。紙に描いて取り込むのは手間が大きそうなのでタブレットで描き足しているのでしょうか。
c0201128_15574762.jpg
さらっとガニ股ジャンプまでやっちゃう。3DCGメカパートでもエフェクトを原画マンやメカ・エフェクト作監が描くというものなら他作品でもよく見られますね。

『W』最終話の決着シーン。作画エフェクトを出しながら変形して作画で不死鳥エフェクト。尾の部分はCGエフェクトだったりしてハイブリット。
c0201128_2353960.jpg

フィニッシュの後のシーン、細かくハイライトや傷、影を描き足してディティールアップしています。この方の担当シーンはアップ時に影にグラデーションがついたり(作画でいうブラシに近い効果?)、細かいハイライトが入ったりして、作画のメカに近い質感を目指しているように見えます。構図一つ一つがロボットアニメらしい広角でちょっとアオるというケレンミのあるもの。
c0201128_15573266.jpg
3DCGパートはレイアウトを原画マンが担当している場合を除いてはレイアウトに修正が乗らない(チェック段階でカメラポジションの修正はできるみたいですが)ので、ハッタリや空間的な画面など、誇張のある構図の巧拙はかなり担当の方の実力に左右されているのではないかと思います。

『ウォーズ』1話。
アバンタイトル後半の主人公の機体の活躍シーンでも作画エフェクトを織り混ぜた派手なアクションを担当。武器を出すバンクシーンでは作画のオバケやエフェクトを多用。カメラが寄る際に必ずハッタリのきいた構図になっていて、見せたい絵がはっきりしている感じで、原画に相当するようなフレームをかなり意識的に作っているような印象。トレスブレのような動きまで入っていて強い作画感。
c0201128_234248.jpg


このカットはほんとにスペシャルで、アニメ的なタイミングやカメラワークを使いながら、CGのメリットであるカメラワークの自由さも存分に盛り込まれていてすばらしい。腕を斬り上げる瞬間に力が向かう上方向に向けてカメラの角度が変化して、(空間的な移動を追うカメラ、ではなくて)力の動きと連動したカメラワークを付けていてかっこいい。破片も作画になっています。3枚目と4枚目で破片の左右の動きにずれが出ているので、この小さな破片でもレイヤー分けまでやっていて細かい。
c0201128_1558332.jpg
他のシーンでの破片は破片の素材を大きなもの→小さなものに置き換えていく感じなので、絵を割って動かしているような変化はありません。3DCGは間のフレームを抜いて2コマ打ちになっているのが基本だと思うのですが、この方の担当と思われるシーンでは1コマや3コマになっている動きもあって、作業の仕方が他とはだいぶ違うように思えます。
GyaO!でこの第1話が無料で見られます。1:19~2:10。

『ウォーズ』6話、デルタクロス発動~決着まで。デルタクロス発動のカットのエフェクトははっきりと作画とわかります。
c0201128_236528.jpg
この後のフィニッシュの回転切りのカットでは関節が外れているくらいダイナミックなポーズとブラシ&オバケの連続で、絵の形を崩して見えるようにしていて作画に近い感覚。

『ウォーズ』OPから、大砲発射のカット(発射エフェクトも一部が作画で描き足されています)。右は1話の別の方の担当と思われる同じ武器を構えるカット。明らかに大きさが違ってハッタリが全然違います。砲身の長さだけではなく、他のパーツも大きさや角度まで違っているので、新しいモデルを組んでしまっているということでしょうか。広角レンズで大きくT.Bしてちょっとアオる、というスケール感の強調されたカメラワークにもロボット好きがにじみ出ているよう。
c0201128_2334818.jpg


ここで挙げたカットはほんの一部で、他にも作画エフェクトのカットなどはたくさんあります。本編で見ていただければこれらのシーンの上手さと浮きっぷりがよくわかるはず・・・・。この方は元々原画マンだったという可能性もあるのでしょうか。動きのアイデアやタイミングは鹿間貴裕さんの仕事の参考にしているのではないでしょうか。6話でも『SAO』13話へのリスペクトが随所に・・・
自分は作画のこと以上にCGに対しては門外漢ではありますが、作画の代替としてのCGより、作画とのハイブリットや作画には難しい部分へ特化していくことになれば、表現は多様になり新しいものが見られるようになって望ましいことなのではないかと思います。
現在、この方は5~6話に一度くらいの参加ペースのようなので今後も楽しみにしたいと思います。
[PR]
by dozeutea | 2013-05-13 18:19 | アニメ

超電動ロボ 鉄人28号FX#46

最終話まで配信されました。
最終47話はほぼ総集編なので実質最終話となる46話を。
絵コンテ:湊屋夢吉 演出:長岡康史 
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:牟田清司 佐藤千春 筱雅津 板倉和弘 新保卓郎 重田敦 渡部圭祐 長屋侑利子 飯飼一幸

渡部さんがキャラをたくさん描いていてBL影も宇宙が舞台ということもあって多く使っています。一部キャラ作監も兼ねているのかもしれません。主に冒頭とBパートのクライマックスシーンを担当されていると思われます。
c0201128_2228198.jpg
キャラが並んで説明を受けている静的なシーンでも構図やポーズをきつめにしてハッタリ感。
c0201128_2230836.jpg


重田敦司さんはこの後の群衆が押し寄せているシーン~デス・クイーンビーが来襲するあたりまで約40カット。今回はモブが印象的。
c0201128_22343997.jpg
ところどころ安彦さんのような鼻の描き方や顎のラインになっているモブが、特に右上のモブ。この作品では重田さんはとにかく量を多くやっていて40~50カットくらい原画を描いてくれている回が多くて楽しかったです。『新世界戦隊』(2話がおすすめ)のようにキャラの止めで魅せるカットも結構多いのがおいしかった。

FXとデス・クイーンビーの戦闘で絵夢調のエフェクトの模様。他の回では一度も出てこなかった形です。当時ブームだったということもあるのでしょうか・・・・。
c0201128_2249220.jpg

Bパートのデス・クイーンビーとの戦闘は筱さんでしょうか。カメラの目の前を横切るスカッシュを使うなど特徴が出ていると思います。

クライマックスのジェノサイドバスターダブルシュートのメカの接続シーケンスは33話の渡部さんのカットのBANK、発射のカットも同33話のカットの縮尺を変えて色を変えたもの?左が46話、右が33話。
c0201128_22533818.jpg
  

そのあと隕石の破片に巻き込まれるシーンのメカも渡部さん。中盤あたりからメカが全然似ていなくなってきていて頭部がどんどん面長に、ボディもどんどん細身になっていて、メカアニメーターそれぞれが独自の描き方をしている中でも特に個性的になっていったように思います。
c0201128_22535421.jpg


ロボアニメとしては当時のサンライズロボアニメや力の入ったOVA作品と比べると、アクションにあまり枚数を使えない部分やシナリオもあってインパクトはちょっと弱かったのかなーという印象は否めないですが、シナリオ同様に作画もバラエティに富んでいて楽しめました。
GyaO!はあまりレンタル店に置いていない作品をたくさん配信してくれてありがたいですね。自分から手にとるようなことがなさそうな作品も見る機会が出来たりするのもありがたいです。
[PR]
by dozeutea | 2013-02-27 23:15 | アニメ

超電動ロボ 鉄人28号FX#41

配信も42話まで進んで残すところあと5話。
絵コンテ・演出:飯島正勝
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画 中村プロダクション 新保卓郎 板倉和弘
 渡部圭祐 長屋侑利子 飯飼一幸 筱雅津 重田敦 的場敦 市川慶一

Bパート、重田さんがFXと敵メカとの戦闘シーン中盤で多くのカットを担当。89年~92年くらいはシワシワヨレヨレっとした細かい線でエフェクトのアウトラインや複雑な模様(煙や塵のかすれた質感の表現?)を作っていることが多いのですが、この回では直線と丸をつなげた煙が久しぶりに登場(ZZやドラグナーの頃に近い形)。丸を手前に重ねるように増やすのと上にずらすように増やしていくことで各パーツのアウトラインによって(煙の巻き込みは省略して)シンプルに膨らませる感じ。パーツごとにアウトラインに黒いブラシを入れてぼかしているのは塵っぽさのためにパーツの定形感の緩和を狙ったものでしょうか。作業的に描きやすいのか(中割で動かしやすいというのもある?)、『ファイ・ブレイン2』15話の大量の煙もこの形でした。
c0201128_22441456.jpg


重田さんの後、戦艦撃沈のシーン一連は渡部さん。
c0201128_23112944.jpg
エフェクトのカールする部分がT光だったりブラシを入れていたりするので目に残ります。クレジット通りほぼ全話に手を入れてるらしいのですが、原画でもローテで参加していて仕事量も凄い。

FXと敵メカの戦闘開始のあたりは筱さんでしょうか。後半に入って目立つアクションが増えてきた印象です。リューナイトやエンドレスワルツのようなツメツメなところまではまだいっていない感じ。
[PR]
by dozeutea | 2013-02-13 23:28 | アニメ

超電動ロボ 鉄人28号FX#25

絵コンテ;西澤晋 演出:中山太一
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:重田敦 平山円 奥山憲史 市川慶子 的場敦
    大久保政雄 鈴木学 粟井重紀

Aパート後半の鉄人が包囲されて砲撃されるシーンに大久保政雄さん。肩と肘の球体間接が珍しくはっきり描かれていたり。パーツやディティールに関しては原画マンごと(ときにはカットごと)にバラバラなので突如目新しいパーツが出現したかのように見えることも(笑)
c0201128_22647100.jpg

B前半、一部で有名(らしい)な鉄人パンチラ。
c0201128_22403774.jpg
この軍人たちはこのあと三郎にスパナで殴打されて気絶→車から放り出され→ブラックオックスのジェノサイドバスターで基地ごと跡形もなく消される、という酷い最期・・・・

B後半の28号FX起動から戦闘終了まではほとんど重田敦司さん。今回はバンクカット以外でも重田さんとは違う絵になっているカットが多かったのですが、エフェクトのシルエットは重田さんで模様が違うカット(右上はこのコマの爆発は重田さんの模様ですがこの前後で重田さんと違う模様に)や線色の使い方が違うカット(右下)があったので、ラフ原までしか描いていないカットも多かったのでしょうか・・・単純に修正がたくさん入っているだけなのかもしれませんが。左下は重田さんらしいシルエットと塗り分けで立体感を出す煙。
c0201128_22511986.jpg

重田さんのブラシを使ったエフェクト。水や煙(砂埃)だと線とは違った細かい質感も出て、変化にも幅を持たせられる。水も一色のみのシルエット。90年代の重田さんは松田宗一郎さんと似たエフェクトを描いていることが結構あるのですがこれも面の広がり方で立体を出そうとしていたり。
c0201128_22513252.jpg

[PR]
by dozeutea | 2013-01-09 23:37 | アニメ
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

22話
絵コンテ・演出:高瀬節夫
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:柳沢哲也 百瀬恵美子 佐々木正勝 重田智 岡本圭一郎 服部真奈美 前田明寿

シリーズ中盤の山場で2話連続で豪華な面子。重田智さんと佐々木さんが見せ場シーンを分け合ってエフェクトバトルを見せてくれます。
Aパートはじめのブラックオックスの模擬戦は重田智さん。重田さんらしいギザギザの模様が入っている煙や爆発、胸部を強調した立ち姿など、これまでの回より持ち味が色濃く出ている感じ。エフェクトの形は今でもあまり変わっていなかったり。
c0201128_14235435.jpg
c0201128_13232056.jpg
両肩の先がやや前方に向いている状態で胸を張る、ロボットの関節独自のケレンミのあるポーズ。

Bパート前半の敵メカ集団との戦闘からゾルリックとの戦闘序盤まで佐々木さん。佐々木さんの爆発・煙。爆発してすぐにカットが切り替わってしまったりT光丸爆発になってしまうカットが多いのがちょっと残念・・・・。
c0201128_1426175.jpg
c0201128_14263581.jpg


ゾルリックのメカが突進してくるところから天井ぶち抜きアッパーはまた重田智さん。17話がパンチの振りおろしだったので今回は逆、エフェクトも盛りだくさんでダイナミックな近距離戦闘は映えます。地面を突き抜けた後に時間差で地面が砕けるなど派手派手。
c0201128_13245498.jpg

終盤のゾルリックがFXの背中を突き刺すあたりは前田さん。今回もカッチリとしたボディ。
c0201128_1432582.jpg
ボディのえぐれた部分にも細かくハイライトをいれて、割れるのではなく金属部位のひしゃげ、歪みを入れているのが特徴的。『ナデシコ』劇場版のブラックサレナの弾痕跡などと同じ。

23話
絵コンテ・演出:亀垣一
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:山下将仁 牟田清司 重田敦 筱雅津 志田直俊 奥山憲史
    平山円 渡部圭祐 長屋侑利子 飯飼一幸 荒木英樹 澄川智深

Aパートはじめから山下さん。80年代末からかなり抑え目の作画が多くなっていて今回も例に漏れず、という感じなのですが、亀垣さん演出ということもあってか画面の色や構図などには特徴が出ている感じ。海上の艦にはたくさんBL影を使っていたり、フレーム内に複数のキャラクターや体のパーツを詰め込んだりしているところなど。
c0201128_14381782.jpg


巨大ロボットが登場してオックスが駆けつけるところから渡部さん。オックス変形DN後に海に着水する際に少し水面を滑ってから足を着いているのがいかにも飛来してきたロボットの登場らしくて良い。
c0201128_1438334.jpg
渡部さんらしく線の密度を保ったまま豪快なアクションをさせています。
c0201128_14384214.jpg

ほかにはジェノサイドバスターでの決着シーンが志田さんなのでしょうか。この回は本橋さんの修正も中盤も苦悶の表情やデビル火刀の濃い顔など気合いが入っていました。

様々なタイプの方が参加してくれて毎回バラエティに富んだ作画を観られているので後半の話数にも期待したいです。
[PR]
by dozeutea | 2013-01-03 15:48 | アニメ

超電動ロボ 鉄人28号FX#19

今週配信の19話~21話はすべてに重田敦司さんが原画参加していて嬉しい。
第19話
絵コンテ:今沢哲男 演出:元永慶太郎
キャラクター作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:牟田清司 筱雅津 重田敦 津野田勝敏 渡部圭祐
    長屋侑利子 飯飼一幸 志田直俊 奥山憲史 西田寛治

Aパート、旅客機を狙うバトラーメカ(赤い戦闘機)の強襲シーン、渡部さんの背動アクション。旧鉄人とFXが連続で通り過ぎていくことで移動している空間の距離感が出ているのもありますが、絵としての面白さもあって良い。(この作品では旧鉄人が動いているだけですごく絵として面白いのですが(笑)改めてすばらしいデザイン)
c0201128_16264195.jpg
c0201128_16265521.jpg
c0201128_1627564.jpg
c0201128_16271952.jpg
当時渡部さんは原画になって2年くらいだと思うのですが、既にダイナミックなアクションを連発していて、さらには回を追って上手くなっているような感も・・・

Bパートのブラックオックス発進から重田敦司さんの水エフェクト。
c0201128_16424420.jpg
c0201128_16425528.jpg
c0201128_164358.jpg


同じく重田さんと思われるカット。リング状に入れたブラシと同時に、飛行機の腹部に黒いブラシで小さな凹凸から生じる影を表現。
c0201128_16561022.jpg
近年もブラシのリングを変化させたりブラシの帯を複数うねらせたり、森久司さんと似たようなブラシを入れているときもありますね。

重田さん独特の影の落とし方。口角の影や下唇と頬がつながるような影。上2枚は12話、左下は20話、右下21話。
c0201128_17153833.jpg
c0201128_17575371.jpg
絵のクセが強いからか、前半話数では修正されていることも多かったのですが、進むにつれてキャラもエフェクトも重田さんの色が画面に出てきた感じで個人的には嬉しいところ。
[PR]
by dozeutea | 2012-12-24 18:02 | アニメ

超電動ロボ 鉄人28号FX#17

GyaOでシリーズ配信されているのを利用して観ています。毎回のように上手いメカアニメーターの方が参加してかっこいいロボ作画が見られるのがおいしいところです(枚数制限が厳しいのか動きは控えめ)。

絵コンテ:西村純二 演出:高瀬節夫
作画監督:本橋秀之 メカ作画監督:亀垣一 渡部圭祐
原画:柳沢哲也 百瀬恵美子 重田智 前田明寿 服部真奈美

Bパートのブラックオックス来襲から28号FXとの交戦の序盤は重田智さんでしょうか。シャープかつ筋肉的なフォルムとBL影などこのころから大張さんの影響が強く見えます。
c0201128_1802570.jpg
c0201128_1803791.jpg
c0201128_1812280.jpg


オックスのパワー解放(パンチのカットはBANK)からオックスの撤退までは前田明寿さんでしょうか。極細長のハイライトや面に大きく影を付けて硬質さのあるボディが特徴的。
c0201128_182258.jpg
c0201128_17595373.jpg
c0201128_17575934.jpg


前田さんのハイライト。
【参考】1・2枚目『機動警察パトレイバー(新OVA)』1話、3・4枚目『同』7話、5枚目『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』。(パトレイバーはメカ作画監督、ナデシコは作画監督)
c0201128_22472224.jpg
c0201128_22563626.jpg
c0201128_22474265.jpg
c0201128_2248450.jpg
c0201128_22481957.jpg
パトレイバーのグリフォンのデザインが『鉄人28号』のブラックオックスに影響を受けている、というのは有名な話だと思いますが、『鉄人28号FX』のブラックオックスはグリフォンからの影響がうかがえるようなデザインになっているのも興味深いところです(FXの車両からの起動シーケンスにもパトレイバーからの影響が見えます)。

前田さんはこの後、年を経るにつれてどんどんハイライトが細くなっていって、線がかすれるように途切れ途切れになってボディに独特の質感を持たせる方という印象です。ボディ表面のラインの美しさや旋回軌道の滑らかさなど、ケレンミとは違った魅力のあるメカでリアルロボット系との相性がすごく良い。現在はキャラのお仕事が中心になってきていますが(最近でも『輪廻のラグランジェ』OP1のウォクスのバレルロールは美しかった)、同じXEBECの松村拓哉さんが似たようなハイライトやメカの描き方で密度の高い作画をたくさん見せてくれていてちょっと注目しています。

『鉄人28号FX』は渡部さんがメカ作監、キャラ作監、原画でほぼ毎回参加していたり、他にも重田敦司さんや前田明寿さんら(パトレイバー新OVAに参加していた方々がそのままスライドしている模様)、タイプの違うメカアニメーターの方がたくさん参加しているのも面白いところです。
次の18話も西澤晋さんの絵コンテ演出一人原画回で出崎さんや金田さんへのリスペクトが随所に発揮されていてかなり個性的な回でした。
[PR]
by dozeutea | 2012-12-19 23:36 | アニメ

NEXT A-Class

メルセデスベンツジャパンのPV、『NEXT A-Class』 が公開されました。http://www.youtube.com/watch?v=EQq6Z4IowfY(スタッフクレジットは最後に表示)
キャラクターデザインに貞本義行さん、作画監督は黄瀬和哉さん。終盤のラーメン屋台のシーンでは特に黄瀬さんの絵が画面に出ていると思います。
c0201128_232756100.jpg
c0201128_2328680.jpg
屋台のじいさんの手。黄瀬さんの描く手の甲が一番好きです。一つ一つの影の形自体はシンプルなのに、その影を入れるポイントがおそろしく的確で効果的。爪や手の甲の骨の部分に入る影は他と比べて若干直線基調で、その相対的な差で硬さや質感にちょっとした差異も持たせている感じ。
この画像の1枚目~2枚目のあたりは動きも黄瀬さんらしいドッッッシリとした重さのある動かし方。女の子がラーメンのスープをすすった後、髪が揺れ戻る途中にもう一度体が動いて髪が揺れ止まる動きなども気が利いていますね。クレジット上は作画監督のみですがこのあたりは黄瀬さんが原画から描いているのでしょうか。

正面顔やあまり角度のついていないときでも口のあたりが少し前方に出ているように感じさせる絵が多いですが、『おおかみこどもの雨と雪』のキャラクターラフなどでも顔の下半分の厚みが強調されている感じなので、最近の貞本さんの絵としての再現度は結構高いのでは・・・・。最近の貞本さんのキャラデ作品は作監さんのテイストがかなり強く入ってきているので、意外とそういったものは珍しかったり・・・。

屋台の車を再発見して車に乗り込むあたりでは、角度がつくと上下まぶたが強調されて眼球の球体感が強くなったり、上手い具合にリアルさが入っているのも良いですね。
[PR]
by dozeutea | 2012-11-30 23:48 | アニメ

TARITARI#10・12

TARITARIの話はとりあえず今回が最後、10話と12話から。
10話はAパート後半、和奏が椅子に深く寄りかかったまま机の引き出しを開ける。誰にも見られていない部屋でのリラックス感。周りに人がいるときにはいつも背筋をまっすぐ立てている姿との差も。
c0201128_2012854.jpg
c0201128_2003218.jpg

10話はA~Bパートのはじめまでが社内原画の方が担当? この話数は川面さんの修正がたっぷり入っている4話と比べて、原画の動きが出ているように思います。ショウテンジャーのアクションの一回目が川面さん、志保が参加しての2回目が鈴木さんの担当でしょうか。2回目は枚数を多くかけずに手先足先まで細やかさを出していて、普通の人間が大げさな動きをしている、という感じがよく出ていたと思います。

12話、洗濯物を干した後に踏み台を降りてバッグを持って出かけるシーン。左足を降ろす時に右手が上がったり、バッグのハンドルの両方に(つかむのではなく)手を通して持ち上げたり、そのまま片手で肩にかけたり。前向きな気持ちが出ているシーンなので、ちょっと気取った感じ(気分がよいときには動きが大きくなったりしますね)やリズミカルさも出ていたり。
c0201128_202596.jpg
c0201128_2021767.jpg
c0201128_2023096.jpg
c0201128_2024077.jpg
c0201128_2025018.jpg
作品通して坂井家のシーンでは生活感の表現にこだわりが強く見えて、外での姿とのギャップやキャラクターの厚みも見せようとしている感じ。

OPのシャチの目のお遊び。
c0201128_12303369.jpg
c0201128_12304985.jpg

[PR]
by dozeutea | 2012-10-31 20:02 | アニメ

TARITARI#8

このカットの手の省略の仕方が良かった。
c0201128_7225578.jpg

8話の原画の方が多く参加している12話でも同じような手が。このカットは巻き髪揺らしたりして面白かったです。
c0201128_723347.jpg

[PR]
by dozeutea | 2012-10-20 23:16 | アニメ