2016年の目標:毎月のように更新


by dozeutea

タグ:アニメ感想 ( 106 ) タグの人気記事

TARITARI#6

前回に引き続きTARITARIの話を。話題が動き(やそれによる時間表現)に関することばかりなので静止画では伝わらないことが多すぎるとは思いますが・・・・。1話4話に続く3回目の社内原画回(1話は社内原画+外部)。

6話は1話冒頭のような凝った動作、芝居の盛りっぷりが随所に見られます。
冒頭からいきなり軍手を外しながら靴を脱いで家にあがる様子を引いて見せる。二つの動作ともに細かい動作でそれぞれに要する時間も違いますが、それを自然に最適化された動作で見せています。
c0201128_031336.jpg
1話Aパート冒頭のシーンと逆の構成になっていて対照化しているように思えます。布団を引きに行くために一旦二階の部屋を出る父・圭介の振り向く背中を和奏が目で追っている様子をはっきりと見せていたり。

階段の上から降りてくる和奏を下から上がってきた圭介が心配して肩に手を添えますが、和奏が降りていくのに合わせてその手が反対側へ移動し、支える手になります。
c0201128_020218.jpg
c0201128_0203578.jpg
階段を降りるのも二人のタイミングをずらして和奏→圭介の順で動いて、気遣いのある動作を作っています。
この一連のシーンはカット内の時間の流れる速さを一定にするためでしょうか、ずっと動作が連続しています。ここはポーズ主体でも成立させられるカットもあると思いますが、全てアニメートで表現しようという意志も感じます。ここはフルアニメのように枚数をたっぷり使って動作を増やしていて小島明日香さんの担当かと思ったのですがどうでしょうか・・・。

和奏と紗羽の馬場でのシーン。紗羽が引き綱を引いてしゃべりながら、弓を構えるポーズをしたり、父親の話になると無意識的に(手元を見ずに)綱をくねらせる。引き綱(紗羽にとっては慣れているもの)を持っている手の感覚が無意識的にあるような感じで芝居をさせています。また、1・2枚目と3・4枚目のカットの間には鞍上の和奏を見せるカットが挟まりますが、カット切り替えるといつのまにか紗羽が引き綱を両手持ちにしていたり。
c0201128_0213121.jpg
c0201128_0215622.jpg
c0201128_0205067.jpg
c0201128_022756.jpg
この柔軟な動作の移行は両手に手綱を握りしめて(そして精神的に)余裕のない鞍上の和奏との対照にもなっているのでしょうか。

電話しながら洗濯物をたたむ作業。肩に挟んで両手で作業→目で見ずに洗濯物をつかむ→腕の内側に載せて抱える。主婦力を見せつけています。
c0201128_024548.jpg
c0201128_0231177.jpg
c0201128_0232356.jpg
目で見ていない方向に対する動作の対象というのは、むしろ目で見ているものより近しい存在だったりもしますし。

おもいきり笑う動作も、噴き出してから小走りで前進して座り込む。精神的に解放されていく過程なので、緊張の糸がぷつんときれたような、思わず駆け出してしまったというような笑い方をさせています。
c0201128_17223656.jpg
c0201128_17225188.jpg
c0201128_1723984.jpg
c0201128_1723219.jpg
c0201128_17233122.jpg


妥協はしない。と言わんばかりの手元の細かい動作を何度も見せてきます。ケーキの箱をとじる。おむつを付ける。カセットをラジカセに入れて再生のスイッチを押す。
c0201128_1724339.jpg
c0201128_17241394.jpg
c0201128_17242263.jpg
手かっこいい。実際に原画の方が実演しながら描いている様子が浮かびます。面倒な重いカットばかり執拗に作って見せているのは『わすれなぐも』と同じで技量の向上まで考えているように思えます。ものを持つ、持って動く、ものを離すの動作を繰り返していた『いろは』とも近いように感じました。

他にも圭介や和奏が涙を拭うのも数段階にしていたり、圭介とまひるが二人並んで歩くシーンでも二人のタイミングをずらしていたり、とにかく細かいところまで気を遣って作っているように感じました。
アニメ的な表現・記号的な表現を回避しようとする意図もあるのでしょうか。

この6話は1話(おそらくAパート)で演出を担当された倉川英揚さん(1話は安斎剛文さんと共同)が再び演出を担当。構図・レイアウトで見せるカットよりも動きで見せるカットの方にずっと比重を置くというのはTVではなかなか見ることが出来ないものだとは思いますが(一方、許琮さんは構図で見せていくタイプだったりするのも面白いところですが)、原画も5人と少なく、時間をかけてじっくり作った話数なのだと思います。
こういう回こそPAの持ち味だと思うのでこういう回がもっと増えてくれれば・・・。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-18 00:01 | アニメ

TARITARI#1

細かい挙動や演技のプランニングが凝っていたカットが(特に社内原画スタッフの回で)いろいろ見られたのでいくつか取り上げてみます。

1話はAパートのサブタイトル前、坂井家の朝のシーンが特に目を引きました。
洗い物をしているカット、左手では皿を縦に振って水を切り、右手ではそれと同時進行で水を止め、布巾をとるという複雑な動作を、上体の傾きの変化まで挟んで自然と見せています。水切りと水を止める動作が同時進行になっていることで、手慣れている様子(普段の家事は父親ではなく和奏が行っているということ)と、朝の慌ただしさの両方を見せています。
c0201128_225122.jpg
c0201128_2252399.jpg


和奏がやかんの蓋を閉める動作、一枚だけ人差し指で蓋を押さえる(熱いものなので)絵が入り、その後は手と腕に隠れて蓋と手の接点は見えなくなりますが、手首が曲がったことで蓋を閉めているのがわかる。ここでも体の向きを変える動作と蓋を閉める動作の二つが同時進行になっています。
c0201128_22173618.jpg
c0201128_22174848.jpg
坂井家の人物にとっては、この後の話数でも「背中を見せる」とかそれを「見送る視線」が繰り返されて、ポイントになっている動作だったように思います。

家を出て、門の戸を閉めるところでも手でカバンをおさえながら片足に重心をかけて閉める。急いでいるという動作の中に生活感ある(無意識的なものも含めた)所作を自然に見せていくことで、「生っぽさ」を出そうとしているように見えます。
c0201128_2226640.jpg


演技のプランも凝っていますし、作画もこの複雑な動作をサラッとやっていて、かなり上品なシーンになっていたと思います。このシーンは鈴木未咲さんの担当でしょうか。この作品のPA本社回では、コンテももちろん凝った内容になっていると思いますが、演出指示(アニメージュ10月号に6話の細かい演出修正が掲載)や作画でかなり膨らませているようで、『いろは』と同じくアニメ的なキャラクターに動きで生っぽさや存在感を与えていこうとしているように思います。

演技とは関係ない話ですが、この回は先生に送る花が女性キャラクター3人にとっての「歌(夢?)」になっていて、和奏は一度花を失って、再び手に入れ(買った花屋が再登場して来夏と関係を深めるきっかけになったり)、紗羽は馬で(自分の)道を進んでいる途中で花を見つけ、来夏は小さい花をずっと大事に抱えている、という今後の展開も示唆するものになっているんですね。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-11 23:56 | アニメ

絶園のテンペストOP

『絶園のテンペスト』、OPに佐藤雅弘さんが原画で参加。炎の中から飛び出してくるカットと棒アクションの最初の2カットの計3カットでしょうか。
c0201128_2164246.jpg
c0201128_2165223.jpg
黒煙の方は撮影で線を潰していて、炎部分の線がはっきり残っています。佐藤さんはこれまでの仕事では煙の線は色トレスで残して、今回同様炎を描いていた『鬼神伝』では炎部分を重点的に線をぼかしていたので、今回はそれとは真逆の撮影処理になっていて気になりました。このカットのロケーションは暗所なので炎の光量ももっと多く、炎の線がぼやけていてもいいのでは、とも。原画段階での撮影指示がどうなっていたのかも気になります。

【参考】上、『劇場版NARUTO 大激突!幻の地底遺跡だってばよ』。下、『鬼神伝』。
c0201128_2181429.jpg
c0201128_2175755.jpg


アクション(ジャンプ)中の中間姿勢。中間姿勢の絵を連続で入れるようになって、動きの頂点になりやすい体を伸ばしきった絵の割合が減ってきたのも中村豊さんに近づいているように思います(付けPANに関しては力の志向性との連動感が強いので、中村さんとは方向性に違いがあると思いますが)。コートの男も常に重心(腰)が攻撃するのと逆方向に残って(沈んで)いて力の解放と溜めが同時進行になっているのもまた同様ですね。
c0201128_21374993.jpg

 
[PR]
by dozeutea | 2012-10-07 22:07 | アニメ
いくつか録画や昔買ったものが発掘できたので前回の記事に追加です。
『スーパーロボット大戦OG THE ANIMATION』OP。
c0201128_16325545.jpg

『スーパーロボット大戦OG THE ANIMATION』2話。
c0201128_1633119.jpg
c0201128_16332460.jpg
田中良さんらの作監修正でも金田系エフェクトが多く使われていてなかなか推測しづらいところではありますが・・・(新ゲッターロボ13話も田中良さんや鈴木藤雄さんも似たようなエフェクトを描いているみたいでわかりませんでした・・・)

『テガミバチ』13話。
c0201128_18542767.jpg
c0201128_18543779.jpg


『メタルファイト ベイブレード ZEROG』16話。
c0201128_16353072.jpg
c0201128_16354224.jpg

『メタルファイト ベイブレード ZEROG』22話。
c0201128_16361341.jpg
c0201128_16362745.jpg

ベイブレード一期と二期はチェックできていないのでご勘弁を・・・
やはりアクタスでのお仕事は(今回取り上げられませんでしたが『マジンカイザーSKL』などでも)コミカルなカットや派手なかっこいいアクションなどある程度自由にできるシーンを任されているようで、目立つお仕事が多い印象です。原画デビューから30年以上経ってもアクション作画で活躍されているというのは本当に凄い・・・。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-05 19:53 | アニメ
先日リクエストをいただいた最近の山下将仁さんのお仕事いくつか。特徴的なカットを選んだつもりですが、間違っていたらすみません・・・。
『真マジンガー 衝撃!Z編』18話。この回はメカ作監も兼任されているので修正かもしれません。
c0201128_2324544.jpg
c0201128_2325657.jpg

『真マジンガー 衝撃!Z編』24話。
c0201128_2342220.jpg

『SKET DANCE』22話。
c0201128_1224448.jpg
c0201128_1225980.jpg

『SKET DANCE』53話。
c0201128_123283.jpg
c0201128_1234075.jpg

スケットダンスでのお仕事は4話もはっちゃけた絵が入っていたりしてなかなか個性が出ていたと思います。
『銀魂』235話。各所で話題になっていたメカ回。
c0201128_1242410.jpg
c0201128_124388.jpg

『トワノクオン』第4章。
c0201128_1265369.jpg
c0201128_127576.jpg


近年でもアクタス回では阿部宗孝さんや大平直樹さん、伊藤岳史さんと一緒に派手な作画を見せてくれるのでありがたいですね。スパロボOGのOVAなどでも派手なカットを担当されていると思います。IG関連はちょっと見当が付きづらく、フリージングは画面が眩しすぎるのもあってわかりませんでした。
もう少し取り上げられると思っていたのですが、録画の整理を怠ってテガミバチ等どこに入れてあるかわからないものがいくつか・・・いろいろと足りないものがあると思いますが今回はこのくらいで・・・

追記
続きの記事を作りました。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-05 01:53 | アニメ

しゅごキャラ!!どきっ#85

c0201128_17171145.jpg
c0201128_1717228.jpg
c0201128_17173028.jpg

視聴環境を変えたので再生テスト。崔ふみひでさんの原画? 手が良い良い。
[PR]
by dozeutea | 2012-10-04 17:26 | アニメ

ジャスティーン

イベント等でDVDが販売された『ジャスティーン』、本編24分はなかなか見応えがありました。
アバンタイトル2分余の戦闘シーンはほとんど渡部さんの原画でしょうか。爆発、水、火炎、電撃とボリュームたっぷり。浮遊するジャスティーンの仁王立ちがいかにもスタジオZ5らしい姿。
c0201128_1457451.jpg
c0201128_14572323.jpg


キャラクターの挙動一つ一つにもケレンミがあってコミカルさも。
c0201128_1457401.jpg
c0201128_14575332.jpg
上履きのかかとが脱げてるのが良いです。

c0201128_1458784.jpg
本編中盤にも戦闘シーン、こちらはカメラを低い位置に置いて特撮的にしているカットが多かったです。
煙等のエフェクトもほぼ全編渡部さんの修正。メインタイトル後のヒーローロボや中盤の戦闘開始のあたりが大塚さんでしょうか?サブタイトル後は千葉さん?それ以外のシーンはずっと統一されているような印象です。
話のノリとしては同じくAICの『ゴーダンナー』に近いでしょうか。主人公がロボットにのるシーンにすらまだ至っていないので明らかに続きがある作りでした。収録されていた予告編は2話の映像なのか予告用に作られたカットなのかちょっとわからないですが、いずれ続きも観てみたいです。

監督 西本由紀夫
脚本 黒樹四楼
絵コンテ 斎藤久 西本由紀夫
演出 西本由紀夫
キャラクターデザイン・作画監督 渡部圭祐
メカニックデザイン 山根理宏 渡部圭祐 大塚健 鷲北恭太 反田誠二
CGディレクター 渡辺哲也
原画 渡部圭祐 千葉道徳 大塚健
    松原豊 永田正美 栗田新一 沈宏 立川聖治 鴨川浩 須藤智 渡辺浩二
動画チェック 名和誉弘

予告編スタッフ
絵コンテ・演出 西本由紀夫
作画監督 渡部圭祐
原画 山下将仁 長谷川眞也 小船井充 渡部圭祐
動画チェック 牧俊治
c0201128_14581984.jpg
c0201128_14583028.jpg
2枚目は山下さんでしょうか。山根さんのデザインに見える新ロボット等も予告に登場していて、まだまだ画面に出てきていないものもたくさんありそうです。
[PR]
by dozeutea | 2012-08-26 15:59

天空戦記シュラト#36

だいぶ時間が経ってしまいましたが以前に戴いたリクエストで『天空戦記シュラト』(1989年)、欧州盤のDVDを買えたので少し。

More
[PR]
by dozeutea | 2012-08-25 17:39

黒子のバスケOP2

『黒子のバスケ』OP2、黄瀬和哉さんのコンテ演出一人原画、良かったです。
ことごとく難しいカメラ位置を選択するストイックさ、そして手の影の美しさ。
OP前半の黒子と火神が二人でロードワークをしているカットで、黒子は常に火神の影の中に脚を着いていて常に火神の影で在り続け、一つの影の柱になる。影という要素をアニメートの中で演出的に生かす、黄瀬さんらしさが出ているカットになっていると思います。OPのはじめでも二人をオーバーラップさせて見せているので、その形を替えての反復はサラッと混ぜておく程度なのがニクい。
動きとしては監督がしゃがむカット、影移動を見せたい身体のパーツ(脚)とそれ以外のパーツ(腕など)で明らかに影の付け方が違っていて、画面になったときの見る側への伝達率に対してまで意識的で計算されているのが見えます。
あとは各キャラがことごとくボールを画面上にフレームアウトさせていますが、例外として監督はボールを下に落とし(監督=「転がす」役だから?笑)、そして黒子だけがボールを横に移動させる、というキャラの役割の違いを見せています。キャラとゴールが同じフレーム内に描かれることはなく(例外として黒子の1カットのみBGに映っている)、画面上部には月や太陽が描かれていて、ゴール=目指す先がはるか高い場所にあるという意味を込めているようにも見えます(最初の黄瀬緑間青峰のカットでカットの最後に天井の照明を映しこませているのも重なりますね)。唯一BGに描かれている黒子のカットもゴールに対して背中を向け続けており、フレーム外のゴールをまっすぐ見据える他のキャラとの立場の違い、そしてゴールの意味合い(目指す先)の違いまで含ませているようにも見えました。黒子が登場しているカットに横PANや横方向へのスライドが多く使われているのも、彼の指向が上では無く横であるという差異化をはかっているように見えます。

最近TVでも劇場でも黄瀬さんの仕事をたくさん見ることができて嬉しい限りです。
[PR]
by dozeutea | 2012-07-27 18:57 | アニメ

Another

最近はTV放送されている作品を観るだけでいっぱいいっぱい(それでも追いきれているわけでもなく・・・)で、あまり書けるようなこともないですが、P.A.WORKS制作の作品『Another』があったのでその作画について少し書いてみようと思います。

More
[PR]
by dozeutea | 2012-04-08 13:15